中国・江蘇省の連雲港にある工場で、操業再開に向け機械を消毒する作業員(2020年2月9日撮影)。(c)AFP

写真拡大

【AFP=時事】中国経済をまひ状態に追い込んだ新型コロナウイルスの流行が、環境にはプラスに働いている可能性があるとの研究結果が19日、発表された。

 フィンランドの研究機関「センター・フォー・リサーチ・オン・エナジー・アンド・クリーンエア(CREA)」によると、中国の二酸化炭素(CO2)排出量は直近2週間で少なくとも1億トン減少した。これは、昨年同期の世界の排出量の約6%に相当する。

 中国で急速に感染が拡大した新型ウイルスは、これまでに死者2000人以上、感染者7万4000人以上を出した。この影響で石炭・石油の需要が下がり、排出量の激減につながったと研究は指摘している。流行を受けて中国では、春節(旧正月、Lunar New Year)の休暇が延長されていた。

 研究によれば、直近2週間の石炭火力発電所の1日当たりの発電量は、同期比で4年ぶりに大幅低下。鉄鋼生産量も同5年ぶりの低水準を記録した。

 また、世界最大の石油輸入・消費国である中国の石油精製を中心的に担う山東(Shandong)省では、製油量が2015年秋以来に落ち込んだ。

「コロナウイルス封じ込め対策の結果、主要産業セクターの生産量は15〜40%下がった」と研究チームは指摘している。

 この研究は、環境問題専門の英情報サイト「カーボン・ブリーフ(Carbon Brief)」に掲載された。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
【解説】新型コロナウイルス「大半は軽度」 中国大規模調査
世界の大規模イベント、中止か決行か…新型ウイルスに主催者ら困惑
中国で「ごみゼロ」運動、過剰消費社会に変化