新型肺炎の流行が中国の環境にプラスか 排出量が激減との研究結果

ざっくり言うと

  • 新型肺炎の流行が、環境にはプラスに働いている可能性があると発表された
  • 研究機関によると、中国のCO2排出量が直近2週間で1億トンほど減少したそう
  • 石炭・石油の需要が下がったため、CO2排出量の激減につながったとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x