え、下手すぎ…(笑)男が「思わず苦笑いする」キスって?

写真拡大

カップルにとってキスは必須なスキンシップ。でも、あまりにNGなキスだと、キスを重ねるほどに違和感ばかりが湧き上がってしまいます。今回は男性が「思わず苦笑いする」キスについてご紹介。どんなキスが男性からするとNGなのか、一緒にチェックしてみましょう。

(1)微動だにしない

『えーと、人形としてるのかな……?(笑)』(26歳/販売)キスで完全に受け身になると、男性も「楽しくないな」と思えてしまいます。キスなどのスキンシップを「会話の延長」として捉えてみましょう。聞き手上手な女性が、全く言葉を発しないわけではありませんよね。男性の様子を見ながらそれに応えるように、女性からも動けるとベター。そうすることで、お互いに愛し合っていることが実感できます。

(2)力が入りまくっている

『ガチガチだから、こっちも緊張しちゃう』(28歳/アパレル)キスする時に緊張して力が入っていると、最初は「可愛い」と思いますが、次第に「もうちょっとリラックスできない?」とツッコミを入れたくなります。力を入れすぎると、唇も舌も柔軟性がなくなり、キスしにくく感じるもの。身構えすぎなくて大丈夫なので、自然体でキスに挑んで、キスで感じる柔らかい触覚に身を委ねましょう。

(3)メリハリがない

『つまらない……てか相性よくないのかな……』(33歳/製造)単調で代わり映えのないキスを長時間続けても、マンネリしてしまうだけです。キスにも「メリハリ」は必要。最初は控えめだったけど、段々と激しくなって、でもただ激しいだけでなく、間やゆっくりになる瞬間もある。こうしたキスができると、相手を飽きさせることなく、スキンシップに熱中できます。

(4)ひたすら激しい

『もう食われるのかとおもった!(笑)』(25歳/通信)「頑張らないと」「ドキドキさせたい」と思って、ひたすら激しいキスをするのもNGです。もちろん、女性から積極的になってくれるのは嬉しいこと。でも、その場の空気を呼んで、男性の気持ちと同時に激しくなってほしいものです。一人で激しいキスを繰り広げても、それは個人プレーになってしまうだけ。お互いの様子を探り合いながら、どうキスするのか判断しましょう。キスはお互い探り探りで習得していくものだからこそ、正解が分からず悩んでしまいますね。自然体で自分本位にならないことが、キスの重要なポイントです。(恋愛jp編集部)