「ブルース・リー 4Kリマスター復活祭2020」ポスタービジュアル

写真拡大

没後47年が経とうとする今なお、世界中で愛され、崇められ、様々なジャンルに影響を与え続けているブルース・リー。今年は、そんな彼の生誕80周年。このアニバーサリーイヤーを記念し、最高の映像と最高の音声によるブルース・リー主演作のリバイバル公開「ブルース・リー 4Kリマスター復活祭2020」が、5月8日よりアップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺、なんばパークスシネマほかにて実施されることが決定した。

『ドラゴン危機一発』『ドラゴン怒りの鉄拳』『ドラゴンへの道』『死亡遊戯』の場面写真はこちら!

上映作品は、リーが香港凱旋後に主演した『ドラゴン危機一発』(71年)、『ドラゴン怒りの鉄拳』(72年)、『ドラゴンへの道』(72年)、そして、死から5年後に完成した『死亡遊戯』(78年)のゴールデン・ハーベスト4作品。ブルース・リー神話の原点ともいうべきこれらの傑作群が4Kリマスターの最高映像でスクリーンに蘇る。

また、音声も海外ですでに発売されている4KUHDの英語版音声をそのまま使用するのではなく、4Kリマスター国際版映像にマイク・レメディオスの英語版主題歌やブルース・リーの怪鳥音など、世界最強といわれた日本初公開時の英語版を極力再現すべく、最良の音声を厳選し、アタッチしてDCP(Digital Cinema Package)化した<世界初・日本限定バージョン>での上映となる。これはまさに最高の映像と最強の音声で更新された全映画ファン必見無敵の絶対聖典だ。

今年のアカデミー賞でも注目されたクエンティン・タランティーノ監督の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でもブルース・リーが大きくフィーチャーされ、5月8日に公開となる『イップ・マン』シリーズ完結篇となる『イップ・マン 完結』では、イップ・マンとその弟子ブルース・リーの関係が大きく描かれるなど、今年、注目を集めているブルース・リー。

「ブルース・リー 4Kリマスター復活祭2020」は、熱狂的なブルース・リー・ファンのみならず、すべての映画ファンの心を捉える、画期的な上映となりそうだ。

【各作品の音声は下記の通り】
『ドラゴン危機一発』→日本初公開時復元英語版(マイク・レメディオスの主題歌入り)
『ドラゴン怒りの鉄拳』→5.1ch英語版(マイク・レメディオスの主題歌入り)
『ドラゴンへの道』→日本初公開時英語版(マイク・レメディオスの主題歌入り)
『死亡遊戯』→日本初公開時英語版(ブルース・リーの怪鳥音入り)

【上映作品の中国語タイトルと英語タイトル】
『ドラゴン危機一発』(中国語タイトル:唐山大兄/英語タイトル:THE BIG BOSS)
『ドラゴン怒りの鉄拳』(中国語タイトル:精武門/英語タイトル:FIST OF FURY)
『ドラゴンへの道』(中国語タイトル:猛龍過江/英語タイトル:THE WAY OF THE DRAGON)
『死亡遊戯』(中国語タイトル:死亡遊戯/英語タイトル:GAME OF DEATH)