「みなさん、すいませんでした。インフルだったんです」。月曜日から休んでいた司会の加藤浩次が復活した。「熱は下がっていたんですが、2日間は開けろということで・・・」

そして、最初に取り上げたのは、「人間でなくロボットAIでもよいと思う職業」ランキングだった。東京スター銀行が調べたもので、5位は料理人、4位が介護士、3位が銀行員、2位が販売員(アパレル・化粧品など)だという。

キャスターの水卜麻美アナ「では、1位はなんでしょうか」

司会の加藤浩次が「アナウンサーでは」とズバリ当てた。

慰める加藤浩次「パーソナルが大事だから」

水卜「本当に傷つく。日本テレビには、すでにAIアナがいるんですよ」

加藤「時代の流れ。AIアナの原稿を書く仕事は残るよ」

モーリー・ロバートソン(国際ジャーナリスト)「水卜さんの仕事ぶりを見ると、AIにはできないですよ」

坂口孝則(経営コンサルタント)「60年前は60%が農民でした。それが新しい仕事にかわった。スポーツ原稿や株価の解説はAIに代わるのではないでしょうか。人間にしか書けない原稿でないといけませんね」

加藤「パーソナルあってのことだから、大丈夫ですよ」