奪われたら、すぐに奪い返す。喜田(写真)と扇原のボランチコンビは、素早い攻守の切り替えと高い危機察知能力で相手の反撃の芽をことごとく潰した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[ACL・グループステージ2節]横浜4-0シドニーFC/2月19日/横浜国際

『アタッキング・フットボール』を掲げるチームらしい完勝劇だった。ポゼッションで相手を圧倒し、多くのチャンスを築いて、そのうちの4つを確実にモノにする。新戦力のCFオナイウ阿道と昨季のMVP&得点王の仲川輝人がともに2ゴール。4-0と圧巻の攻撃力でオーストラリアの名門クラブをねじ伏せた。

 左ウイングの遠藤渓太が何度もサイドを切り裂く。トップ下のマルコス・ジュニオールが縦横無尽に動き回り、敵の守備網に穴を空ける。松原健、ティーラトンの両SBも果敢に攻め上がるなど、この日も分厚いアタックを何度も繰り出した横浜だが、最後まで集中が切れなかったディフェンスも、オフェンスの充実ぶりと同等の価値があった。

 とにかく、ボールを奪われた瞬間の切り替えが早い。相手のボールホルダーはもちろん、次の展開を予測してパスの受け手になりそうな選手にも詰め寄るなど、連動した守備で局面を前に進めようとする敵の試みを打ち砕く。ルーズボールへの反応も相手より一歩早く、球際でも個々が粘り強く戦った。

 テンポ良くパスを捌いてリズムを作るだけでなく、守備での貢献度も高かったダブルボランチの一角、扇原貴宏は次のように語る。

「切り替えの早さはみんなが意識しているし、奪われたところで奪い返せれば、さらにチャンスになるのも、みんなが分かっていること。そこは後ろに下がるのではなく、一歩前に出てディフェンスをする。誰もビビらず、前に前に出て、ボールを奪い返せた」
 
 チームが醸し出す迫力は、攻撃だけでなく守備にもある。扇原とボランチでコンビを組む喜田拓也は、随所で持ち前のボール奪取力をいかんなく発揮。献身的な振る舞いでチームを下支えした。

「すぐに相手を潰せたり、取り切れずとも遅らせたり。それは大事なこと。うちのサッカーをやるうえでの肝というか。こういうゲームだからこそ、綻びを出さないように、隙を見せないように」

 良い攻撃は良い守備から、とはサッカーでよく言われることだが、それをしっかりと体現できていた勝利でもあった。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【ACL PHOTO】横浜FM4−0シドニー|アジアでも圧倒!試合を支配し、仲川&オナイウ各2発で連勝を飾る!