2月23日、東京競馬場で今年最初のJRAG汽譟璽垢箸覆襯侫Д屮薀蝓治咫淵澄璽1600m)が行なわれる。

 今年は2018年の勝ち馬ノンコノユメ、昨年の勝ち馬インティが参戦。さらに、2017年ホープフルSの勝ち馬タイムフライヤー、2018年安田記念の勝ち馬モズアスコット、2018年JBCクラシックなどを勝ったケイティブレイブ、昨年のマイルCS南部杯を勝ったサンライズノヴァ、昨年のJBCスプリントを勝ったブルドッグボスと、実に7頭のGI/Jpn鞠呂揃った。

 そんな豪華メンバーが集まったなかで、筆者が期待したいのはGI未勝利のアルクトス(牡5歳/美浦・栗田徹厩舎)だ。


昨年7月に重賞初勝利を挙げたアルクトス

 同馬はここまで13戦7勝の成績で、昨年のG轡廛蹈オンS(中京/ダート1400m)で重賞初制覇。前走のJpn汽泪ぅCS南部杯(盛岡/ダート1600m)では好位3、4番手追走から直線でも鋭く伸び、勝ったサンライズノヴァから0秒3差(1馬身半差)の2着に入っている。今回は約4カ月ぶりの出走となるが、この馬は過去にも3カ月以上の休みを4回経験し、3勝、2着1回という好成績。その2着は前走の南部杯だ。

 コース適性も申し分ない。東京ダートでは6戦して5勝、2着1回。1600m戦に限ると4戦4勝と完璧な成績を残している。4勝のうちの1勝は昨年のLオアシスSで、道中は4、5番手の外目を回って2着に1馬身1/4差をつける完勝だった。

 東京に限らず、ダート1700m以下では9戦して7勝、2着2回と連対を外していない。レースぶりも、簡単に好位につけて直線で確実に伸びてくる安定性がある。南部杯よりも強力なメンバーが相手になるが、明け5歳を迎え、ここを目標に前走からじっくりと調整されてきただけに、成長も見込めるだろう。

 血統を見ると、父アドマイヤオーラ(その父アグネスタキオン)はG玉鐇絃涵,素蓮種牡馬としてはアルクトスのほかにクロスクリーガー(G轡譽僉璽稗咫法▲離椒丱ラ(G轡廛蹈オンSなど重賞2勝)と2頭のダート重賞勝ち馬を送っているが、自身にも産駒にもGIでの勝ちがない、いわゆる”マイナー種牡馬”と言える。しかし、妹に2010 年のJRA賞年度代表馬であるブエナビスタがいる良血で、血統的ポテンシャルは非常に高い種牡馬だ。

 母ホシニイノリヲはJRA新潟のダート1800mで1勝。近親に日本の重勝クラスはいないが、祖母コンキスタドレスは米G汽▲轡絅薀鵐稗咾韮加紊貌った実力馬だ。また、母の父シンボリクリスエスはフェブラリーSのサクセスブロッケン、チャンピオンズCのルヴァンスレーヴなど、ダートでも実績を残す種牡馬。血統的に、このレースを勝っても不思議ではない存在である。

 もう1頭挙げるとすれば、ワイドファラオ(牡4歳/栗東・角居勝彦厩舎)だろう。昨年のG競縫紂璽検璽薀鵐稗圈蔽羯魁深1600m)、そして今回と同じコースのユニコーンS(東京/ダート1600m)と、芝とダートで重賞勝ちを収めている。

 父ヘニーヒューズは2016年の勝ち馬モーニンの父で、父系の祖父ヘネシーは2007年の勝ち馬サンライズバッカスの父。フェブラリーSには縁のある血統でもある。 以上、今年のフェブラリーSはアルクトス、ワイドファラオの2頭に期待したい。