アイロボットジャパンは、「ルンバ史上最大の吸引力と最高の清掃力を実現」した「ルンバ s9+」の国内発売を発表。2月28日(金)より、アイロボット公式ストアおよび一部のアイロボット認定販売店にて販売を開始します。アイロボットストア価格は16万9800円(税抜き)。

マットブラックとブロンズを基調とし、従来のデザインや機構を見直した「ルンバ s9+」は、何と言っても円型から一新されたD型シェイプが目を引きます。

「ウルトラエッジデザイン」と呼ばれるこの新設計によりコーナーや壁に沿った清掃が可能に。

ブラシ幅は「ルンバ980/ e5 / i7」と比べて約30%広くなっています。ルンバ前方にある高性能センサーが進行方向にある壁の位置や奥行きを立体的に感知し、「どんな環境でもスマートに動き、今まで行けなかった隙間や入り組んだ場所までしっかりアプローチ」するとのこと。

デモンストレーションを見てみると、確かに今まではコーナーブラシでしか届かなかった狭いスペースまでボディがぴったりとアプローチ。それでも届かない隙間は、26度の角度に設計された30mmのブラシ5本からなるコーナーブラシがゴミをかき出します。

また、進化したクリーニングシステムにより、カーペット上での吸引力はAeroVoc搭載の600シリーズと比較して約40倍に。カーペット上では自動で吸引力がアップするパワーブーストが働きます。

新製品発表会に登壇したアイロボット・コーポレーションの創業者 コリン・アングルCEOは、このパワフルなパフォーマンスを実現する新モデルを「ザ・ビースト」と表現していました。

「ルンバi7+」同様に本体とセットになったクリーンベース(自動ゴミ収集機)は、ダスト容器30杯分のゴミを収納可能。ダスト容器がいっぱいでルンバが起動しない……という心配を数週間はしなくてよさそうですね。

ゴミはクリーンベース内の密封型紙パックへ排出され、ルンバのダスト容器は水洗いが可能なので手入れもカンタン。Wi-Fi対応で充電、ゴミ捨て、再開まで自動で行ってくれ、稼働時間は120分とこれまでで最長を誇ります。

900シリーズ以降の上位機種に搭載されているナビゲーションシステムにより、毎秒23万か所以上のデータポイントを取得。これまでどこを清掃していて、まだどこが清掃できていないのか、正確に把握。

さらに、「ルンバi7」シリーズにも搭載された「Imprintスマートマッピング」で家中の間取りを学習・記憶し、最適な清掃パターンを選択。部屋と部屋の区切りを判別するので、部屋を指定した清掃が可能となります。

三角形状を採用しているパナソニック「RULO」やコンパクトボディの日立「ミニマル」など各社が特色を打ち出す中、D型にシフトチェンジした「ルンバ s9+」は、創業30年、世界で累計販売台数3000万台を突破したアイロボットの技術と英知が詰まった一台と言えるかもしれません。

アイロボットジャパン「ルンバ s9+」製品サイト:
https://www.irobot-jp.com/product/s-series/

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』