「アナ雪2」のライブも! 広島が2月23日の鹿島戦で特別イベントを実施

写真拡大

 サンフレッチェ広島が、2月23日(日)14時からエディオンスタジアム広島で行われる鹿島アントラーズとのJ1リーグ開幕戦で、様々な特別イベントを実施する。今季のスローガン「積攻 SEKIKO MORE AGGRESSIVE」のごとく、ピッチ外でもアグレッシブな姿勢で臨むつもりだ。

 スペシャルゲストは2人。まず、当日が『エディオン・スポンサードゲーム』とあって、エディオンのCMに出演中の女優・本田望結さんが来場。ミニトークショーやキックインセレモニーのほか、広島が勝利もしくは引き分けた場合は、マンオブザマッチのプレゼンターも務める。

 また、大ヒット中の映画『アナと雪の女王2』の日本版エンドソングアーティストで、広島出身の中元みずきさんも来場。こちらもミニトークショーに加え、ハーフタイムには話題のエンドソング「イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに」をライブで披露する。

 このほか、応援グッズとして『オリジナルロールフラッグ』を先着1万3000人に、『サンフレッチェ・フェイスシール』(協力:株式会社トレミール)を先着1万人にプレゼント(どちらもビジターを除く各入場ゲートで12時から、シーズンパス所有者は優先入場開始の11時半から配布)。ロールフラッグ、フェイスシールともスローガンの「積攻」や広島のエンブレムがデザインされており、スタジアムに一体感をもたらしそうだ。

 試合前日の22日(土)15時半からは、広島市内の基町クレド1階ふれあい広場で、広島OBの中島浩司氏と、鹿島の中田浩二C.R.Oのトークライブも開催。開幕ムード一色の中で、両チームがどんな戦いを見せるのか注目だ。