インターブランドジャパンは2 月18日、ブランドの持つ価値を金額換算する独自のブランド価値評価手法を用い、日本発のブランドを対象としたブランド価値ランキング「Best Japan Brands 2020」を発表した。

今年度より、日本の「Global Brands」(海外売上高比率30%以上)、「Domestic Brands」(海外売上高比率30%未満)を一本化したTop100ブランドのブランド価値金額ランキングとなる。

今回、第1位となったのは「TOYOTA」で、以下、「Honda」「Nissan」「Sony」「Canon」が続いている。

昨秋に発表したグローバルブランドのランキングBest Global Brands 2019のブランド価値合計金額の対前年成長率は+5.6%だった。これに対し、Best Japan Brands 2020のうち昨年もランクインした80ブランドの対前年成長率は+0.9%にとどまっており、日本ブランドの成長が劣後する結果となった。

今回のランキングで成長率の高いブランドに共通する点としては、Shiseidoの「SHISEIDO FOREST VALLEY」、Nintendoの「Nintendo TOKYO」、BANDAI NAMCOの「バンダイナムコエンターテインメントフェスティバル」、KOSÉの「メゾンコーセー(Maison KOSÉ)」など、顧客のブランド体験を重要視した活動が見受けられることが挙げられている。

業種別で見ると、金融ブランド(12ブランド)、「小売」関連ブランド(11ブランド)、自動車ブランド(10ブランド)、エレクトロニクスブランド(10ブランド)、「化粧品・トイレタリー」関連ブランド(7ブランド)で、ランキング全体の半分の50ブランドを占めている。

昨年に続き、化粧品・トイレタリー関連ブランドの成長が顕著で、最も成長率の高かったShiseido(17位、前年比+23%)、成長率が5位のKOSÉ(37位、前年比+14%)、そしてKao(20位、前年比+9%)などが、ブランド価値を拡大させているという。

Best Japan Brands 2020 (1-50位) 資料:インターブランドジャパン

Best Japan Brands 2020 (51位-100位) 資料:インターブランドジャパン