コロナウイルス拡大の影響を考慮し、無観客試合になることが決定した今季の国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」。昨年大会で、地元優勝を達成し、ディフェンディングチャンピオンとして大会に挑む比嘉真美子に今回の決定について話を聞いた。
無観客だと…こんなに寂しくなります
「仕方ないと思います。本当にいろいろな方々の安全を考えたら良い決断だったと思います」と切り出した比嘉。「それを踏まえて」と続けた。
「昨年の最終戦から3カ月空いて楽しみにしていたファンの方々や関係者のみなさんも楽しみに思っていたと思うのでそこは残念です。ただ、それ以上に安全面や健康を考えれば、沖縄は海外からの渡航者も多く仕方ないのかなと思います」。残念だが仕方ない。複雑な胸中を話した。
ただ、変則的になるとはいえ、試合があることはありがたい。「選手からすれば無観客ではあっても、トーナメント自体を開催していただけることは大変ありがたいです。毎年のようにベストを尽くして頑張るだけです」と連覇のかかる戦いへの意気込みを語った。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

■新型コロナウイルスの影響を受ける中国ゴルフ事情
■新型コロナウィルス、コブラ『SPEEDZONE』シリーズの国内発売時期に影響か
■女子開幕戦ダイキンオーキッドレディスの無観客開催が決定 新型コロナ拡大の影響
■渋野日向子は無観客試合で好プレーも… 「ギャラリーさんがいたほうが燃える!」
■無観客にR・マキロイもビックリ