KDDI、auフィナンシャルホールディングス、ウェブマネー、ディーカレットの4社は18日、ブロックチェーン上のデジタル通貨発行の共同検証を行うことを発表した。

プラットフォームやフローの検証概要(同社資料より)

共同検証は、デジタル通貨発行プラットフォーム上でのプロセスの自動化の検証に関するもので、ディーカレット社が構築するブロックチェーン上のデジタル通貨発行プラットフォームを活用。資金移動業者登録のウェブマネー社がデジタル通貨を発行、参加者(プロジェクト関係者のみ)は共同検証用に用意されたカフェで決済を行う。カフェでの購入代金は前日気との温差に応じた自動割引などユニークな検証も予定されている。

プラットフォーム上ではスマートコントラクトによる発行→送受→割引までの償却を除く工程の自動実行が検証され、デジタル通貨の発行管理に関するプロセスと設定された条件に応じた処理実行を検証する。今回構築のプラットフォームは、利用企業が独自にデジタル通貨を発行する機能を備えており、4社は利用企業がダイナミックなプライシングやリアルタイム決済など、ブロックチェーンの特性を活かしたサービス展開を支援していく構え。