格安SIMで無制限に通信できる「神SIM」を申し込んでみた! 通信速度や使い勝手は?

写真拡大 (全3枚)

スマートフォンの通信速度は高速化され、動画の視聴やオンラインゲームなども快適に利用できるようになりました。さらに今年は5G通信サービスも開始される予定ですので、通信速度はさらに向上していくことでしょう。通信速度が高速になればなるほど、リッチなコンテンツやサービスも快適に利用することができます。

ただし通信速度の向上でリッチなコンテンツやサービスを利用すれば、利用する通信量も大きくなります。
特に、最近利用者が増えている格安SIMなどでは深刻な問題にもなります。
格安SIMでは、1カ月で利用できる高速通信のデータ量が2〜3G程度というプランも多く、このような契約の場合、数日の動画コンテンツ閲覧で1カ月の上限に達してしまうこともあるからです。
格安SIMには、利用できる高速通信の追加オプションも用意されていますが、追加の通信料金が発生するため、格安SIMのメリットが薄れてしまいます。

そんな大容量な通信時代に最適な格安SIMとしてTAKUMI JAPANのモバイルデータ通信専用サービス「神SIM」が登場しました。

「神SIM」は、
・月100GBまで(100GBプラン)
・月無制限にデータが利用できる(UNLIMITEDプラン)
このように格安SIMの中でも破格なサービスを提供しているのです。

一般価格は100GBプランの場合、
・初月(契約月)が3,000円(税別、以下同じ)
・2カ月目以降は月額3,980円

UNLIMITEDプランの場合は、
・初月が3,000円
・2カ月目以降は月額4,980円

さらに、Twitterフォローをして会員価格が適用されると、
100GBプランの場合
・初月が3,000円
・2カ月目以降は月額2,990円

UNLIMITEDプランの場合は、
・初月が3,000円
・2カ月目以降は月額3,480円
このようにリーズナブルな料金設定になっています。

ただし契約には縛りもあります。
100GBプランの場合は、
・最低利用期間は12カ月(初月含まず)
・最低利用期間内での解約は一律手数料9,500円。

無制限プランの場合は、
・最低利用期間は12カ月(初月含まず)
・最低利用期間内での解約は残月分×毎月の通信月額料
となります。

つまり、毎月の料金が安いけれど、その分、解約費用もかかります。
とはいえ1年間もしくは1年間以上の利用や、大容量通信を毎月使うユーザーにはメリットのある価格体系です。

筆者も、神SIMの100GBプランを申し込んでみましたので紹介します。
なお2020年2月19日現在、神SIMは在庫切れで販売再開は未定とのことです。


オンラインで申し込んで届いた神SIM。ソフトバンク回線を利用するため、ソフトバンクのSIMとなっています。



神SIMをSIMロック解除したドコモ版Galaxy Note 8で利用してみる



アプリSPEED TESTでの通信結果(東京都千代田区平日昼)


神SIMは通信料金が非常に安価なサービスだけに、通信が混雑する時間帯での速度低下が心配でしたが、現時点での利用では時間帯による速度低下などは感じられず、快適な通信を利用できています。
通信回線としては、ソフトバンク回線を利用しているため、ソフトバンクの通信が利用できる場所であれば、電波の掴みも良好です。

格安SIMも普及が進み、多様なサービスが登場してきています。
神SIMのような通信に特化したサービスなど、今後はさらに差別化、多様化したサービスの登場に期待したいと思います。


執筆 伊藤浩一