韓国・ソウルで、新型コロナウイルス予防について表示されたスクリーンの前を歩くマスク姿の女性(2020年2月11日撮影)。(c)Ed JONES / AFP

写真拡大

【AFP=時事】(更新、写真追加)韓国疾病予防管理局(KCDC)は19日、国内で確認された新型コロナウイルスの感染者が同日だけで20人増え、51人に上ったと発表した。

 輸出に依存する韓国は、新型ウイルス流行による中国経済低迷のあおりを受けているとはいえ、感染者数は前日18日までの数日間は、ほぼ横ばいで推移していた。

 感染者のうち18人は、南部の大邱(Daegu)と同市に隣接する慶尚北(North Gyeongsang)道で感染が確認された。うち15人は、韓国で31人目の感染者の女性(61)と接触があったとみられている。

 KCDCによると、女性と接触があったとされる15人のうち、14人は女性と同じ教会に通っており、1人は病院で女性と接触したという。

 女性は今月10日に発熱したが、最近は外国への渡航歴がないという理由で2度にわたってウイルス検査を拒否していたとされる。隔離されたのは1週間後になってからで、18日に感染が確認された。

 韓国政府は、新型ウイルス流行の中心地となっている湖北(Hubei)省からの外国人の入国を禁止し、中国人観光客に人気の高い済州(Jeju)島をビザなしで訪問できる制度を一時中断したが、中国からの入国を全面的に禁止する措置は取っていない。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
台湾「中国と混同しないで」 新型ウイルスめぐる渡航制限
「マスク売り渋り」には禁錮刑も 韓国政府が警告
【解説】新型コロナウイルス「大半は軽度」 中国大規模調査