JR東日本は2月18日、渋谷駅線路切換工事に伴う列車の運休および新たな埼京線ホームの供用開始について発表を行った。同社は、2018年に実施した埼京線上り線路の切換工事に続き、下り線路の切換工事を実施する。

渋谷駅線路切換工事は5月29日22時頃から6月1日4時頃まで行われ、5月30日初電から5月31日終電まで、埼京線や湘南新宿ラインに大幅な運休や始発駅・終着駅の変更が発生する。

各線の運転計画

特急「成田エクスプレス」は、東京・品川〜新宿・池袋・大宮・高尾間は運休、成田空港〜東京・品川〜横浜・大船間は通常運転となる。

工事中、渋谷駅新南改札は営業を休止する。旧大山街道(渋谷駅前交差点〜宮益坂下交差点)は、5月30日2時頃から8時頃まで、5月30日22時頃から31日7時頃まで、通行止めとなる。

また、埼京線ホームは新たに南改札およびハチ公改札と直結する。新しい埼京線ホームは山手線ホームと並列になるため、乗り換えが便利になる。

渋谷駅線路切換工事概要

埼京線ホームと南改札およびハチ公改札の直結の概要