NTT東日本およびNTT西日本は2月18日、光ブロードバンドサービス「フレッツ 光ネクスト」に加え、通信速度がり/下り最大概ね10Gbpsの「フレッツ 光クロス」(FTTHアクセスサービス)を4月1日より提供開始すると発表した。

同サービスは、加入者光ファイバーを複数の利用者で共用し、利用者が契約するインターネットサービスプロバイダーなどへ上り/下り最大概ね10Gbpsの通信速度で接続するベストエフォートサービス。 フレッツ・テレビなど、従来のフレッツ光で利用可能な各種オプションサービスを利用できる。

「フレッツ 光クロス」提供イメージ

最大概ね10Gbpsは技術規格上の最大値であり、技術規格上、通信品質確保などに必要なデータが付与されるため、実際の通信速度の最大値は、技術規格上の最大値より十数%程度低下するという。

同サービスの提供開始に合わせ、最新の高速無線LAN規格「Wi-Fi6」に対応した「フレッツ 光クロス対応レンタルルータ」を提供する。

NTT東日本の提供エリアとしては、足立区、杉並区、江戸川区、練馬区、世田谷区、葛飾区、大田区、板橋区の一部から提供開始予定。NTT西日本の提供エリアはNTT西日本大阪市および名古屋市。

フレッツ 光クロスの月額利用料は6930円、初期費用は契約料が880円、工事費が19800円となっている。