キックオフカンファレンスでがっちりと握手を交わすイニエスタとカズ。岩本氏が1位予想とした神戸と注目チームに挙げた横浜FCは開幕戦で激突する。写真:徳原隆元

写真拡大

 いよいよJ1リーグの新シーズンが2月21日に幕を開ける。オリンピックイヤーとなる2020シーズンを制するのはいったいどのチームか。現役時代は平塚(現湘南)、仙台などで活躍した元日本代表の岩本輝雄氏に、今季の順位を予想してもらった。

●岩本輝雄(元ベルマーレ平塚など)
天皇杯初優勝で自信と勢いを得た神戸が、悲願のリーグ初制覇なるか。ともにシステムを変更した川崎、FC東京も楽しみ。注目は昇格組の横浜FC。下平監督は戦術をしっかりと落とし込める指揮官。最初は苦戦するかもしれないけど、徐々に盛り返してくると見る。
●順位予想
1位:神戸
2位:横浜
3位:札幌
―▲ACL出場圏内―
4位:川崎
5位:FC東京
6位:広島
7位:大分
8位:鹿島
9位:横浜FC
10位:C大阪
11位:G大阪
12位:浦和
13位:柏
14位:仙台
15位:名古屋
―▼J1参入プレーオフ出場圏内―
16位:湘南
―▼J2自動降格圏内―
17位:鳥栖
18位:清水

※『サッカーダイジェスト』2月27日号(2月13日発売)では、解説者11名、ライター11名、本誌記者によるJ1・J2リーグ順位予想を掲載。その他、J1・J2全40チームのスタメン大予想など、新シーズン開幕へ向けた特集企画を掲載しています。
 
構成●サッカーダイジェスト編集部