BetaNewsは2月17日(米国時間)、「Microsoft is dropping support for Windows 10 version 1809」において、Microsoftが今後数カ月でWindows 10バージョン1809のサポートを終了すると伝えた。このエディションは2018年11月に公開されており、「Windows 10 October 2018 Update」という名称で提供が行われた。

Windows 10バージョン1809と同じタイミングでサポートが終了するWindows 10は次のとおり。

Windows 10 Home, version 1809

Windows 10 Pro, version 1809

Windows 10 Pro for Education, version 1809

Windows 10 Pro for Workstations, version 1809

Windows 10 IoT Core, version 1809

Windows 10バージョン1809へのアップデートには多くのユーザーが悩まされた。というのも、このバージョンへのアップデートでは複数の不具合が発生し、多くのユーザが一時的にアップデートの適用を見送ったという経緯がある。苦い経験があったことから、Windows 10バージョン1809からより新しいバージョンへのアップデートを見送ってきたユーザも少なくないと考えられる。

Microsoftは2020年5月12日以降、Windows 10バージョン1809を使っているユーザーに対してアップデートを実施するように通知を行うとしている。セキュリティ対策の観点からも、サポートが終了するよりも前にアップグレードを実施し、サポートが提供されているバージョンを使用することが望まれる。