男性がひとりで外食するのは受け入れられているのに、未だに世間では、女性がひとりで外食するとなると敷居が高い。

しかし最近、女がひとりでも気軽に入れるハイセンスなお店が増えているのをご存知だろうか。

広告代理店に勤務する桜木佳奈(35)も、最初は「女性ひとりでご飯なんて」と躊躇している一人だった。

だが、婚活に奮闘しながら彼女が見つけた楽しみは、だれにも気を使わずひとりで食事をする時間。

そうして“女ひとり飯”をしていくうちに、人生も回り始めていき…。




「ジョエル・ロブション…」

会社のデスクで、彼から来たLINEの文面を何度も読み返した。

明日は、私の35歳の誕生日。待ちに待ったこの日が、遂にやって来たのだ。

同期の恭平と交際して、もう4年になる。お互い良い年齢だし、周囲が続々と結婚していく中、私の焦りは日々募っていた。

だけどそんな毎日にも、ようやく終止符を打てそうだ。

お祝いディナーの場所は、泣く子も黙る、プロポーズレストランの最高峰とも言われる『ジョエル・ロブション』と来た。

「私、遂に結婚します!」

同じ部署で、10歳年下の可愛い後輩・ルミちゃんにスキップで駆け寄り、そう報告すると、彼女は目をまん丸にして驚いている。

「えぇ〜!先輩、結婚ですか?それって…本当ですか?」
「当たり前じゃない。ようやく結婚だぁぁぁ!」

こうして私は誕生日当日、婚約指輪がはまった左手や、プロポーズされた時の反応などの妄想を存分に膨らませながら 、『ジョエル・ロブション』の格式高い店内へと足を踏み入れた。

準備は、完璧だった。

けれども、まさかこの日が人生最悪の日になるなんて、この時の私には想像さえ出来なかったのだ。


まさかそんな事が!?人生最高の日になるはずが、どん底に突き落とされた女


「ご婚約、おめでとうございます!!」

フロアにいたお客さん達全員の、視線が注がれる。

男性の手には大きな(何本あるのか数え切れぬほどの)薔薇が詰まった花束。そして女性の方は、感極まって思わず涙。

もちろんその左手の薬指には、ダイヤモンドの指輪が光り輝いている。

「ありがとうございます。幸せすぎて、どうしよう」

店内が拍手と幸せに包まれている。だがそんな中、私は必死でデザートプレートと向き合っていた。

-ない。どこにも無い…!

プロポーズされているのは、隣の席のカップルである。

そんな彼らを横目に、デザートプレートの中にでも婚約指輪が隠されているのかと必死に探してみるものの、どこにも見当たらない。

「あのさ、恭へ…」
「ごめん佳奈。別れてほしいんだ…」

フォークが、思わず手から滑り落ちた。

「佳奈のことは心から大切に思っていたし、尊敬している。でも実は、他に好きな人ができてしまって…。

今日は、ずっと僕の方が背中を追いかけてばかりだった佳奈との最後の食事だからこそ、最高のお店で終わらせたかったんだ」

相手は、10歳年下の後輩・ルミちゃんだった。



翌日は土曜日のため、幸い仕事は休みだった。

どれくらい、眠っていたのだろうか。枕元に置いたままで充電をし忘れていたスマホの電源を入れると、もうとっくにお昼は過ぎている。

恭平から、LINEは入っていない。

その代わり、ぼんやりした頭でInstagramを開くと、真っ先にルミちゃんの投稿が出てきた。

『今晩のために、ラザニアを焼きました♡焦げちゃったけど、彼は美味しいって言ってくれるかな?♡』

思わずスマホを投げ捨てたくなる。

満面の笑顔と共に焦げたラザニアを見せているルミちゃん。これを食べるのは、恭平なのだろう。

どうして、こうなってしまったのだろうか。

頑張って勉強して一流大学へ入り、大手広告代理店に就職。仕事も恋愛も一生懸命しているうちに、気がつけば35歳になっていた。

“普通の幸せ”が欲しいだけなのに、神様はそんなものさえ私にはくれないのだろうか…

しかしそんな悲しみの淵にいるはずなのに、生理的な欲求というのは本能に忠実だ。夕方になると、しっかりお腹が空いてきた。

「私だって、ラザニアくらい作れるし!!!」

もう、負けているのは分かっている。けれども対抗心は捨てられず、近くのスーパーに買い出しに行こうと家の近所を歩いていた時だった。

不意に、美味しそうなトマトソースの香りにフワッと包まれた。

思わず足を止めると、半地下の窓から暖かな灯りが漏れている。




-『aniko』….

天窓から店内を覗いてみると、そこにはカウンター席とテーブル席があり、まるで南イタリアを彷彿とさせるような内装が目に入った。

「でも、さすがに一人で入るのはちょっとなぁ…」

今まで外食する時は、友人や恭平がいた。ランチは一人で済ませることも多いが、ディナータイムとなると話は別だ。

「うん。やっぱり、やめておこう」

本音を言えば、こんな日は飲まないとやっていられず、一杯飲みたい気分だった。だが、さすがに行きつけでもないイタリアンレストランに一人で入る勇気はない。

諦めてそのまま歩き出そうとした瞬間に、店内から二人組のお客さんが出てきた。

「あぁ〜美味しかった!“幸せ♡”」

自分でも、どうしてそこに入ったのかは分からない。

ただただ、“幸せ”という言葉に誘われるかのように、自然と石畳の階段を降りていた。


人生初の女ひとりイタリアン。彼氏に振られた直後の女を癒してくれた、意外なものとは…?


赤坂のアットホームなイタリアン『aniko』


「あの、一人なのですが…」
「いらっしゃいませ。もちろん、大歓迎ですよ」

おそるおそる店内に入った私を、人の良さそうな店員さんが笑顔で迎え入れてくれた。

センスの良いアンティーク家具が揃えられた店内は、イタリアの古き良き邸宅のダイニングにお邪魔したような明るさと、アットホーム感があった。

奥の方に広がる洞窟のような半個室に、オープンテーブル。そして美しい木目が印象的なカウンター席の、6席のうち1席には、私のように女性一人で来ているお客さんもいて、ほっと胸を撫で下ろす。

ー初めての、ひとりイタリアン。

高鳴る胸の鼓動を抑え、早速オススメのワインを聞き、グラスでいただくことにする。

「当店は、マルケ地方の料理のお店なんですよ」

ワインを注ぎながら店員さんがそう教えてくれたのだが、正直、馴染みのない地名だった。

イタリアの中部にあるマルケ地方は、アドリア海沿岸に位置し、豊富な魚介類を誇る。さらに内陸部にはジビエが堪能できる街があり、美食家たちの間で注目されている地域らしい。

そんな豆知識を聞きながらいただくイタリア土着品種の赤ワインは、いつも以上にすっと身体に染み渡っていく。

そういえば、朝から何も食べていなかったことに今更気がついた。私は空腹を満たすかの如く、すぐに出てくる料理を注文した。

そして、まもなくして出てきた「オリーブの肉詰めフリット」を一口食べた途端、笑顔がこぼれたのだった。




サクッとした薄い衣に包まれた、みずみずしい「ラ・ロッカ」のグリーンオリーブ。ふっくらとしたオリーブの中に詰まっているジューシーな肉の旨味と、ほのかに感じる、香味野菜や複数のスパイスの味。

程よい塩っ気と肉汁のコンビネーションは癖になる美味しさで、気づけば2、3個立て続けに口に運んでしまった。

「これ、美味しい…!」
「そうですか?良かったです。うちの人気メニューなんですよ」

シェフの笑顔に救われて、オリーブを堪能していたら、ワイングラスがいつのまにか空になっている。

その時までは、少しテンションが上がっていた。だが、メニューを見ていた私は思わず手を止めてしまった。

なぜならそこには、“ラザニア”があったからだ。


佳奈の人生を変えた夜。失恋に効く“癒しのラザニア”とは!?


失恋の傷に効く、癒しの「ラザニア」


さっきInstagramで見たルミちゃんの、焦げついたラザニアの画像が脳裏に浮かぶ。

このままだと、“ラザニアトラウマ”になってしまいそうだが、料理に罪はない。

「なんでよりによって、ルミちゃんなのよ…」

嫌な記憶を上書きすべく、戸惑いながらもオーダーすることにした。

そうして運ばれてきたのが、「ヴィンチスグラッシ」通称“マルケ風のラザニア”だった。

こんがりと焼き目がついている表面のチーズの上には、さらに数種類のチーズがまぶしてある。まるでミルフィーユのようにも見える、美しい重なり。

ゆっくりとフォークを入れると、極薄ながらもモチッとした弾力を残した手打ちパスタの間から、熱いミートソースがこぼれ落ちる。

そして口に入れた瞬間、ずっと心の奥にしまっていたはずの感情がとめどなく溢れ出してきた。




「美味しい…。見た目も味も、完璧」

それは、牛肉・豚肉・鴨肉の3種類の肉の旨味が詰まった、ミートソースだった。

そこにアクセントとなるのは、口当たりの良いチーズのコンビネーション。全ての食材が、主張し過ぎていないのに主役級の役割を果たしていて、絶妙なバランスだ。

ゆっくりと温かいラザニアを味わっているうちに、気がつけば、私はポロポロと大粒の涙をこぼしていた。

年齢が上がるにつれてできることが増え、仕事が楽しくて仕方なくなっていた。同期である恭平は恋人でありながらもどこかライバルで、お互いデート中でも仕事の話になって、ヒートアップすることも多かった。

そして、何もかもを全て自分一人で完璧にこなそうとしていた。

でもきっと、ルミちゃんは違う。

“うんうん”と静かに話を聞いてくれ、自らの失敗を隠すこともなく堂々と披露して、そこを愛嬌に変えられる強みもある。

私だったら、あんなにも焦げたラザニアを恭平に出すことはできない。一から作り直しをしないと、自分のプライドが許さないと思うから。

でも、そもそも無理をして作る必要なんてない。

ーだってお店に行けば、こんなにも美味しくて、感動するラザニアに出会えるんだから…。

週明けにルミちゃんに会ったら、どんな顔をすれば良いのだろう。

周囲からはどんな目で見られるのだろうか。35歳独身で、“イタイ女”のレッテルでも貼られるのだろうか。

だけど私はそのとき不意に、さっき店先でカップルが言っていた“幸せ”という言葉を思い出した。

明日からまた、ひとりで過ごす寂しい毎日が待っているのかもしれない。それでもきっと、ひとりの時間の中で、小さな幸せを見つけていければいいと思う。

例えば、今日、ラザニアを食べて感動したみたいに。

「ご馳走様でした!」

美味しくて温かみのあるマルケ料理を食べ終わると、私の心はすっかり落ち着いて穏やかな気持ちになっていた。

-私は大丈夫。頑張れ、私。

またこみ上げてきそうになった涙をぐっと堪え、店を後にして赤坂の夜空を見上げた。

【今週の婚活ひとり飯】
店名:『aniko』
料理:オリーブの肉詰めフリット /ヴィンチスグラッシ(マルケ風のラザニア )

▶NEXT:2月24日 月曜更新予定
出会いの香りがする恵比寿ジントニック