武漢の病院院長が新型ウイルス感染で死去 当局への怒り広がる

ざっくり言うと

  • 新型コロナウイルス流行の中心地である武漢で、12日に病院の院長が死去した
  • これを受け、危機対応を誤ったと非難されている当局への怒りが広がっている
  • ウイルス拡大に警鐘を鳴らした医師の死との類似性を指摘する声も出ている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x