アニメ映画『トロールズ ミュージック★パワー』カラフルな妖精“トロールズ”主役のミュージカル作品

写真拡大

映画『トロールズ ミュージック★パワー』が、2020年10月にTOHOシネマズ 日比谷他にて全国公開。『シュレック』や『ボス・ベイビー』のドリームワークス・アニメーションが贈る2020年最新作だ。

カラフルな妖精“トロールズ”×ノリノリ音楽

『トロールズ』シリーズは、歌・ダンス・ハグが大好きなカラフルな妖精“トロールズ”の冒険を描いたアニメーション作品。トロールたちの心情や状況を捉えた、ノリノリの音楽と共に物語が展開されていくのが特徴だ。

トロールズの村が危機にー?!

そんなストーリーの主人公ポピーは、ピンクのたて髪をトレードマークにもつ、トロールズ一族の女王様。かつてはその村も王国として栄えていたのだが、現在は音楽のジャンルごとに6つの村に分裂してしまっている。「私たちと違う歌や踊りをするほかのトロールズがいるなんて素敵!」と胸を弾ませるポピーだが、その陰には全ての村を乗っ取ろうとするロック村のクィーン・バーブの存在が…。

『トロールズ ミュージック★パワー』では、そんなクィーン・バーブの陰謀を阻止するために、ポピーが仲間を引き連れて旅に繰り出すアドエンチャ―を描き出す。果たして、ポピーは、トロールズの世界を守ることができるのかー?!

物語を彩る“懐かし”のヒットナンバー

前作以上にスケールアップした本作は、物語はもちろん、作品を彩る音楽も見逃せない。トロールたちが歌う楽曲にはダフト・パンクの「ワン・モア・タイム」や、スコーピオンズの「ロック・ユー・ライク・ア・ハリケーン」、スパイス・ガールズの「ワナビー」など、世代に関係なく楽しめるヒットナンバーが満載。子供から大人まで楽しめる音楽ミュージカル作品に仕上がっている。

豪華キャストが集結

また美声を披露するキャラクター達にも豪華キャストが抜擢。ハリウッドNo.1の歌唱力の持ち主との呼び声も高いアナ・ケンドリックが、“元気で歌と踊りが大好きなヒロイン”ポピーの声を担当。またキング・オブ・ポップと目されるジャスティン・ティンバーレイクが“堅実でちょっと内気なポピーの相棒”ブランチ役と、前作同様エグゼクティブ・ミュージック・プロデューサーも務める。

なお監督は、『シュレック』シリーズや「スポンジ・ボブ」を代表作に持つウォルト・ドーンが担当する。

上白石萌音&ウエンツ瑛士W主演、豪華吹き替えキャスト

日本語吹き替えキャストは、数々のドラマの主演を飾るなど人気急上昇中の上白石萌音やウエンツ瑛士がW主演を津務めるほか、豪華な面々が個性的なキャラクター達を熱演。

ポピー(アナ・ケンドリック):上白石萌音
ポップ族の女王でピンクヘアーが特徴。いつも元気でポジティブだが、ちょっと楽天家で無鉄砲なところもある元気いっぱいなキャラクター。

ブランチ(ジャスティン・ティンバーレイク):ウエンツ瑛士
ポピーのことを大好きな、ポピーの幼馴染。ちょっと内気で気真面目、慎重派なところがあり、猪突猛進型のポピーに忠告することもある男の子。

バーブ女王:仲里依紗
ロック村の女王で、本作のダークヒロイン。ロックで世界を支配しようと、全トロール村を大音量のギター演奏で侵略。ポピーとのミュージックバトルを繰り広げる。

トロールツァルト:ミキ・昴生
トロール王国のひとつ「クラシック・トロール」の指揮者。中世の音楽家を彷彿とさせるフワモコなコロっとしたビジュアルが特徴。

クラウド・ガイ:ミキ・亜生
ポピーと同じ「ポップ・トロール」の仲間で、みんなの案内役でありながらシニカルな皮肉屋、本作のストーリーテラー的な役割。雲のようなフォルムとそこから出た細長い手足と三白眼が特徴。

詳細

『トロールズ ミュージック★パワー』
原題:TROLLS WORLD TOUR
公開時期:2020年10月、TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー
監督:ウォルト・ドーン
出演:アナ・ケンドリック、ジャスティン・ティンバーレイク
配給:東宝東和、ギャガ


【写真付きで読む】アニメ映画『トロールズ ミュージック★パワー』カラフルな妖精“トロールズ”主役のミュージカル作品

外部サイト