中国・武漢の病院で、新型コロナウイルス「COVID-19」に感染した患者の画像診断を行う医師ら(2020年2月16日撮影)。(c)STR / AFP

写真拡大

【AFP=時事】中国の保健当局は17日、新型コロナウイルスに感染後、回復した人々に対し、献血を呼び掛けた。血液から血漿(けっしょう)を抽出し、重症患者の治療に利用するためとしている。

 新型ウイルスの流行により、中国ではこれまでに1770人が死亡。感染者は7万500人以上に上っており、製薬各社はワクチンや治療薬の開発を急いでいる。

 国家衛生健康委員会(NHC)は17日の記者会見で、ウイルスに起因する肺炎から回復した人の血漿に含まれる抗体を使えば、重症患者のウイルス量を減らすことができると説明。回復したすべての人々に対し、血漿の提供を呼び掛けた。

 また中国科学技術省生物センターの孫燕栄(Sun Yanrong)氏は、流行の中心となっている武漢(Wuhan)の病院で先週、患者11人に血漿を注入したところ、「1人は既に退院し、1人はベッドから起き上がって歩けるようになり、残りの患者らも皆、快方に向かっている」と発表した。

 国営医療品メーカーの中国生物技術集団(China National Biotec Group)は先日、武漢の病院で血漿を使った試験に成功したと報告していた。同社はメッセージアプリ「微信(WeChat、ウィーチャット)」の公式アカウントへの投稿で、重症患者に血漿を注入したところ「24時間以内に症状が改善した」としている。

 孫氏は「臨床研究により、(回復患者からの)血漿注入は安全で有効だということが示されている」としている。また、北京大学第一医院(Peking University First Hospital)の王貴強(Wang Guiqiang)主任医師は、献血者はウイルス保有の有無を確認する検査を受けると説明。「採取するのは血漿だけで、全血ではない」と述べている。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
【解説】新型コロナウイルスとの闘い、抗HIV薬は有効か
米国へ退避のチャーター機搭乗者、14人が新型ウイルス検査で陽性
【解説】新型コロナウイルスの死者について分かっていること