三原舞依(左)と織田信成さん【写真:Getty Images】

写真拡大

大阪の学生大会で再会を報告「まいちゃんも観に来てて会えた」

 フィギュアスケートのバンクーバー五輪代表・織田信成さんが16日、自身のブログを更新し、体調不良により休養中の三原舞依(シスメックス)と再会したことを明かした。

 織田さんは「今日は長年指導してきた選手が引退だったのでフリー大会に行ってきました」と大阪で行われた学生大会を訪問したことを報告。「この大会で引退する選手が多く空気が全体的にエモくて泣いた 久しぶりに部員のみんなにも会えて」と涙もろい織田さんらしく、教え子らとの再会を喜んだ。

 さらに「まいちゃんも観に来てて会えたし」と1枚の写真を公開。グレーのパーカーに黒のダウンを羽織った三原とピースを並べ、2ショットに納まっている。三原は髪は顎のラインまで短く切っているが、表情は明るく、笑顔を並べている。織田さんは「とりあえずエモい一日でした」と泣き顔の絵文字で締めくくっていた。

 コメント欄には久しぶりに投稿した織田さんに対する安堵の声のほか、「舞依ちゃん元気そうでよかった!」「少し痩せた気がしますが、笑顔が見れてよかったです」「舞ちゃんのスケート柔らかくて優しくて大好きです」などと復帰を目指している三原に対するエールの声も多く届けられていた。(THE ANSWER編集部)