途中出場して得点を演出した三笘薫

写真拡大

 若手選手の登竜門とも言えるルヴァンカップが16日に開幕。新たにJの舞台に飛び込んだルーキーたちが早速、プロデビューを飾っている。

 “即戦力”と期待される大卒組がやはり数では多い。すでに昨年、特別指定選手として参加した時にデビューを飾っている選手もいるが、改めてプロ選手としての第一歩を踏み出した。

川崎フロンターレ

▲28(1A)

旗手怜央(←順天堂大)

▲4

三笘薫(←筑波大)

■鹿島アントラーズ

▲24

荒木遼太郎(←東福岡高)

◆9

松村優太(←静岡学園)

■セレッソ大阪

SUB

西川潤(←桐光学園高)

■横浜FC

○90

瀬古樹(←明治大)

○90

松尾佑介(←仙台大)

■サンフレッチェ広島

▲3

藤井智也(立命館大※)

■サガン鳥栖

▽88

森下龍矢(←明治大)

○90

本田風智(←鳥栖U-18)

■北海道コンサドーレ札幌

▽67

高嶺朋樹(←筑波大)

▲13

金子拓郎(←日本大)

SUB

田中駿汰(←大阪体育大)

■湘南ベルマーレ

▽80

舘幸希(←日本大)

■大分トリニータ

SUB

井上健太(福岡大※)

■ガンバ大阪

▲2

山本悠樹(←関西学院大)

○はフル出場、▽は途中交代、▲は途中出場、◆は途中出場途中交代、SUBはベンチ入りも出場なし、※は特別指定選手