柄本時生&入来茉里(C)モデルプレス

写真拡大

【モデルプレス=2020/02/17】俳優の柄本時生(30)と女優の入来茉里(30)が16日、結婚したことを入来の所属事務所を通じて発表した。

【写真】俳優一家の柄本時生、入来茉里と結婚

◆柄本時生&入来茉里、結婚を発表


モデルプレスに寄せられたFAXによると、入来の30歳の誕生日となった同日に、2人で都内区役所にて婚姻届を提出。現在同居しており、式・披露宴は未定。入来は妊娠していないという。

2人は2008年春のFBS制作ドラマ『私は一本の木に恋をした』の撮影で出会い、2009年の入来の主演映画『海の金魚』の撮影で再び共演。「これをきっかけに半年に1度会って、お酒を呑んだりお食事をしたりする友人関係となり、昨年春から頻繁に会うように。そして秋ごろから結婚を前提としたお付き合いが始まり、この度結婚にいたりました」としている。

連名で「私達 柄本時生と入来茉里は12年前の共演から友人として関係を続けておりましたが、昨年の秋ごろから結婚を前提としたお付き合いをし、2020年2月16日に入籍しましたことをご報告させていただきます。これからは、夫婦として楽しくも穏やかな家庭を築きつつ、より一層仕事に精進してまいりたいと思います」とコメントした。(modelpress編集部)

■コメント全文


私達 柄本時生と入来茉里は12年前の共演から友人として関係を続けておりましたが、昨年の秋ごろから結婚を前提としたお付き合いをし、2020年2月16日に入籍しましたことをご報告させていただきます。

これからは、夫婦として楽しくも穏やかな家庭を築きつつ、より一層仕事に精進してまいりたいと思います。

未熟な2人ではありますが、温かくっ見守って頂けたら幸いです。

柄本時生
入来茉里

■柄本時生(えもと・ときお)プロフィール


1989年10月17日生まれ、東京都出身。O型。父は俳優・柄本明、母は女優・角替和枝さん、兄は俳優・柄本佑と俳優一家として知られる。義姉は女優の安藤サクラ。2003年、映画 Jam FilmsS『すべり台』(2005年)のオーディションに合格しデビュー。主な出演作はドラマ『BS笑点ドラマSP 林家木久蔵おバカのスーパースター』(2020年主演)、映画『旅のおわり、世界のはじまり』(2019年)、舞台『チック』(2019年)など。

■入来茉里(いりき・まり)プロフィール


1990年2月16日生まれ、鹿児島県出身。O型。『第32回 ホリプロタレントスカウトキャラバン』特別賞を受賞。主な出演作にドラマ『ラッキーセブン』(2012年)、映画『海の金魚』主演(2010年)、ミュージカル『Endless SHOCK』(2014年)、『ピーターパン』(2015・2016年)など。

【Not Sponsored 記事】