喜美子(戸田恵梨香)の幼馴染みで丸熊陶業の社長夫人でもある熊谷照子(大島優子)が、高級そうな肉を土産に訪ねてきた。喜美子は居合わせた女優の小池アンリ(烏丸せつこ)を紹介し、みんな一緒に食べることになった。

やはり幼馴染みの大野信作(林遣都)にも声をかけ、まずは喜美子、アンリ、照子の女3人で夕食をはじめていると、アンリは喜美子が酔っ払って元夫の十代田八郎(松下洸平)の名前を呼んで泣いたとばらした。

そのときになんと・・・信作が八郎を連れてやって来た

そんなところに、信作がなんと八郎を連れてやって来た。喜美子は戸惑い、照子は大あわて。事情を知らないアンリが、「あなたが八郎さんなの?」

喜美子「やめてえ、やめて、言わんといてえ」

 でも、アンリは喜美子が名前を呼んで泣いていた一件を、真剣に八郎に伝えた。(総合あさ8時)