富野由悠季監督、ガンダム作品振り返り「敗北感しかないです」

ざっくり言うと

  • 「機動戦士ガンダム」の生みの親・富野由悠季監督が作品を振り返っている
  • 「人類がここまでやってきたことが真なのか」との問いを描きたかったと吐露
  • 「力不足で誰も目を向けてくれなかった」「敗北感しかないです」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x