落ち着きなさそう…!男ウケしない「損する話し方」とは

写真拡大

今回は、男性ウケ最悪な損する話し方をご紹介していきます。彼らの心を一気に興醒めさせる話し方には、一体どんな特徴があるのでしょうか。トーク中に男性の反応がいまいち思わしくないと感じる人は、下記の項目をぜひチェックしてみてくださいね。

(1)テーブルに肘をついて話す

『テーブルに肘をついて話す人って下品な印象だな……』(27歳/広報)テーブルに肘をつくのは、マナー違反だとされています。そのため男性からは「下品」「絶対に交際したくない」といった厳しい意見が寄せられてきました。リラックスすると無意識のうちに肘をついてしまう人が多いので、十分注意しましょう。

(2)言葉遣いが汚い

『言葉遣いが汚い子は女性として見れない』(28歳/営業)言葉遣いが汚い女性も、男性ウケが良くありません。「うざい」「きもい」といった他人を傷つける言葉はもちろん、「てか」「まじ」などの若者言葉も不人気です。育ちが悪そうなイメージを一気に植え付けてしまうので、心当たりのある人は早期改善を図りましょう。

(3)早口

『早口で話されると圧倒されてしまいますね……』(31歳/建築)早口でトークを展開してしまうと、忙しい印象を抱かせてしまいます。まるでマシンガンのようなトークに安心感を抱く男性は、まずいません。ゆっくりと話すことを意識すれば女性らしさは格段にUPするので、男性に安心感をもたらしたい人はぜひ心がけてみてくださいね。

(4)自分の意見を押し付ける

『自分の意見ばかり押し付けてくる人は嫌ですね』(29歳/商社)男性は、承認欲求が強い生き物です。そのため男性の意見を真っ向から否定して自分の意見を押し付けようとする姿も、損する話し方の特徴に当てはまります。もちろん彼の話をすべて肯定する必要はありません。しかし柔軟な対応を見せることも恋を成就させる上で必要な要素となるので、しっかりと意識しておきましょうね。話し方1つで、男性の見る目は良くも悪くもなります。ここで彼に好印象を与えることができれば、他のライバルを圧倒することも十分可能です。彼の気持ちにしっかりと寄り添って、2人の時間をより充実させちゃいましょう。(恋愛jp編集部)