喜美子(戸田恵梨香)は客として攻防を訪れ、その後親しくなった俳優の小池アンリ(烏丸せつこ)が突然姿を消し、心配していると、これまた突然に戻ってきた。「心配したで。どこ行ってたんや」

しかし、すぐ打ち解け、ワインを飲んで、再びお互いの身の上話を始めた。酔っぱらったアンリは「きょうからここで、生活するわ」なんて言い出す。

喜美子「ほんとですか」。一人暮らしなので、断る理由はなかった。

大野信作は八郎に「喜美子とやり直しては」と提案

翌朝、またアンリの姿が見当たらない。飲み過ぎてよく覚えていない喜美子は、息子の武志(伊藤健太郎)に電話をした。ほどなくすると、アンリは戻ってきた。まったく神出鬼没だ。喜美子は昨夜、酔って話した話をアンリに確認する。すると、意外な事実が明らかになった。

その頃、喜美子の幼馴染みの大野信作(林遣都)と喜美子の元夫・十代田八郎(松下洸平)が、アカマツで4年ぶりに飲んでいた。そこで、信作はもう一度喜美子とやり直してみてはどうかと話す。(NHK総合あさ8時)