©ABCテレビ

写真拡大

桂文枝と山瀬まみのふたりが、新婚さんの楽しい話を聞くトークバラエティー『新婚さんいらっしゃい!』。

2月16日(日)放送の同番組には、山口県下関市の夫婦が登場する。

©ABCテレビ

16年前に妻が結婚相談所で紹介されたのが夫だった、というこの夫婦。彼は今から30kg痩せていた小柳ルミ子似の彼女に一目惚れし、転勤を機に結婚した。

しかし、2人はれっきとした“新婚さん”だ。

実は2年前、朝からまったくついていなかった夫が帰宅すると、夕食のおかずが1品しかなく、思わず「うちの母ちゃんなら3品以上はあるよ」と言ったという。この一言に妻が「もう離婚したい」と返せば、大人げないところのある彼も同意。

役所に届けを出し離婚が成立するが、荷造りを始めた彼女を見ていた夫の頭の中では14年間の結婚生活が走馬灯のように巡り、「柔らかい唇、プリプリしたお尻がなくなるのか」と思ってしまった。

そこで「一緒にいていいよ」と声をかければ、妻も勢いで離婚を口にしたため、「私はあなたの喪主になりたい」。

2週間後、2度目の婚姻届けを出すと…?

離婚を経験し、「彼女のことを粗末にしていた」と猛反省した夫は、現在は常に手を繋ぎ、出かける時はチューを欠かさない。

以前の命令口調も「してくださいませ〜♪」。おかげでおかずは4品が並ぶようになり、妻も小柳ルミ子に戻るべくエアロビを始めたそうだ。