SKE48の10期生がお披露目! 10歳の少女はダンスに意欲あり

写真拡大

 2月15日、静岡エコパアリーナにて「SKE48 Valentine’s Day Live 2020 〜CHOCOLATE〜」が開催され、昼公演で10期生が初めて約4500人のファンの前でお披露目された。

 大場美奈、高柳明音、熊崎晴香がMC役として登場し、10期生を呼び込む。大場がアピールポイントをそれぞれに言ってもらうように求めると、

「バンドをやっていたので、音楽で活躍できるように頑張ります」(青木莉樺)

「ステージの上でキラキラできるよう日々努力してます」(五十嵐早香)

「覚えるのが得意です。みなさんの顔を早く覚えられる自信があります」(石塚美月)

「スポーツ全般が得意です。いままで陸上とバスケットボールを続けてきて、体力には自信があるのでいつかマラソンに挑戦したいです」(伊藤実希)

「アピールポイントはほっぺとえくぼと変な動きです」(加藤結)

「いつでもどこでも寝れることと、諦めの悪いところです。その諦めの悪さで、スキップができないくらいダンスができないんですけどうまくなれるように頑張ります」(木内俐椛子)

「特技がヘアメイクやメイクなので、今後の活動で少しでも活かせるといいなと思います」(鬼頭未来)

「負けず嫌いなところです」(澤田奏音)

「笑顔です。今回はバレンタインコンサートということで皆さんにキュンキュンしてもらえるような笑顔でパフォーマンスします」(杉山歩南)

「公式プロフィールの特技に真顔って書いたんですけど、たくさん笑うので見ててください」(西井美桜)

「6年間やってきたダンスです。皆さんに笑顔を届けられるように全力で頑張りますので、応援のほどよろしくお願いします」(林美澪)

 と思い思いにアピールしてくれた。
 
 MCが終わると、10期生はかつてPassion for you選抜が歌っていた「望遠鏡のない展望台」と、最新シングル「ソーユートコあるよね?」の劇場盤に収録されている「渚のイメージ」を歌唱。劇場にも立ったことのないメンバーが、いきなりコンサートという舞台でパフォーマンスしたのだ。センターは「望遠鏡〜」が石塚、「渚の〜」を加藤と木内が務め、石塚がオーディション時のファン投票1位だったため、加藤と木内はレッスンの先生から2人のハーモニーがよいと推薦があり、このような形になったとのことだった。

 緊張感はありながらも精いっぱいに曲の世界観を表現する彼女たち。まだまだ拙い部分もあるが、一歩を踏み出したことで、ここからどんどん成長していってほしい。

 その後、コンサート終盤には先輩メンバーにまざり「パレオはエメラルド」「そばにいさせて」「アイシテラブル」を披露した。

 昼公演終演後、10期生の囲み取材があり、そこでひと際、気を引いたのが、10歳で加入したことが話題となった林だ。

 取材陣から最初コンサートの感想を求められると「初めてSKEとしてステージに立って緊張していたんですけど、10期生のみんなでまとまってできたと思います」と堂々と受け答えた。

 またSPA!が「SKE48に多い激しいダンス曲への意気込み」を問うと言葉がうまく出ないのか思い悩みながら「ダンスを長くやっていたので、(いろんな曲に)出たい気持ちがスゴいあって、いつか出たいと思います」と話してくれた。その後、隣の杉山が「ダンスはあんまり得意じゃないけど、『FRUSTRATION』とかやってみたい」と話始めると、それ言いたかったやつだぁと言わんばかりに反応して子どもらしい無邪気な表情も見せてくれていた。

 まだまだ幼いことから心配される声も大きい彼女だが、ヒップホップなども習っておりダンスへの意欲に溢れているようだ。
 そんな彼女が成長していた先にもしかしたら、“ダンスのSKE48”という呼び名が再び強く掲げられる日が来るのかもしれない。

取材・文・撮影/八木康晴 ライブ写真/©2020 Zest,Inc.