東京2020 聖火リレーリハーサル 聖火リレーのリハーサルが行われ、走り終え、聖火をつなぐランナーの石原さとみさん(中央)=15日午前、東京都羽村市(佐藤徳昭撮影)

写真拡大 (全3枚)

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は15日、3月に始まる五輪の聖火リレーに先立ち、都内でリハーサルを実施した。

 羽村、国分寺、八王子の3市でランナーが実物のトーチ(長さ71センチ、重さ1・2キロ)を持って、計約2キロのルートを約200メートルずつ走った。周辺を交通規制し、トーチに火がついている設定で、受け渡しや車両隊列の動きの確認なども行われた。

 午前10時半ごろ、羽村市のスポーツセンターで代役のランナーが参加した出発式を実施。聖火リレーの公式アンバサダーで女優の石原さとみさんもランナーとして参加し、「沿道の皆さんが手を振ってパワーをくれたのが、うれしくてあっという間だった」と笑顔で話した。

 午後からは、国分寺市で清流沿いの遊歩道を走り、車両隊列を伴わない走行を試した。ゴール地点の富士森公園(八王子市)にランナーたちが到着後、到着セレモニーのリハーサルも行われた。パラリンピック射撃で3大会に出場し、リレー公式アンバサダーの田口亜希さんは「トーチは人の心をつなぐ。沿道の人の心も国立競技場へ届くと改めて感じた」と話した。

 組織委によると、大きなトラブルはなかったが、渋滞などで遅れが生じたとし、「本番ではないよう改善していきたい」とした。

 聖火は3月12日にギリシャで採火式が行われた後、20日に日本に到着。聖火リレーは26日、福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」をスタートし、全国47都道府県を121日間かけて回る。参加する走者は約1万人に上る。