クルーズ船の乗客ら、全員がウイルス検査へ

写真拡大

加藤厚生労働相は、新型コロナウイルスの感染が拡大しているクルーズ船で15日、新たに67人の感染が確認されたと発表した。

加藤厚労相は、新型コロナウイルスの感染が広がっているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」で15日、新たに67人の感染が確認されたと発表した。

一方、乗客らのウイルス検査については、80歳以上に続き、70歳以上の人についても、すでに実施したという。さらに、16日をめどに70歳未満の人もウイルス検査を実施すると発表した。これで全員がウイルス検査を受けることになる。

検査の結果、自分と同室の人の感染が確認されなければ、健康観察が終了する今月19日以降、順次、下船できる予定だという。