大泉洋、今日も舌好調!

写真拡大

 俳優の大泉洋と小池栄子が15日、都内で行われたダブル主演映画『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』の公開記念舞台あいさつに登壇。大泉は、映画宣伝のためにバラエティー番組にたびたび出演したことを振り返り「宣伝でテレビに出過ぎちゃうと、みなさんもうお腹いっぱいになって、毎日大泉を観ているから『もう劇場に行かなくてもいいか』ってなるんですよ。番宣って本当に難しいんです」と胸中を明かした。

 そもそもは小池の一言がきっかけ。本作の内容にちなんで思惑通りに進まなかったエピソードを求められた小池が「プロモーションで大泉さんとバラエティーに出るのは楽しいんですが、友達から『二人のおしゃべりが過ぎて、映画の印象がまったく残らなかった』と何件か言われまして……」と宣伝活動の心残りを吐露。「実はマイナス効果になってしまったのではないかと心配しているんです」と話したことで、大泉の舌に火がついた。

 大泉は「(小池が)今回、イッパツでそのことに気づいたのは早い。私は10年ぐらいやって、ここ5、6年ぐらい『これ(番宣)意味あるのかな、果たして』とずっと悩んでいるんです」と小池に同調。「映画の宣伝部が(番宣に)出てくださいって言うから出ましょうかとなる。ところが次々に出演が決まり、テレビに出過ぎちゃうと、みなさんお腹いっぱいになって、もう劇場に行かなくてもいいかと。『おもしろい』が一番強い我々ですから、バラエティーに出れば、全力でおもしろくしたいわけ。そうすると余計お腹いっぱいになってもうゲップが出てるんです。それでも(劇場に)観に来ているみなさんは勇者ですよ」と客席を称賛して盛り上げつつ「番宣に出るのは本当に難しい。我々も苦渋の選択ですよ」と大泉節で会場を爆笑に導いた。

 本作は作家・太宰治の未完の遺作「グッド・バイ」を、劇作家・ミュージシャンのケラリーノ・サンドロヴィッチが戯曲化し、読売演劇大賞最優秀作品賞に輝いた舞台を映画化。戦後の混乱から復興へ向かう昭和を舞台に、優柔不断な性格から愛人たちと別れられない雑誌編集長・田島(大泉)が、彼女たちと手を切るために担ぎ屋・キヌ子(小池)に女房役を依頼。田島は女と別れるため、キヌ子は金のため、水と油のような二人の企みにから巻き起こる騒動を描く。『八日目の蝉』『ソロモンの偽証』などの成島出がメガホンを取った。

 クロージングの一言を問われた小池が「みなさんに(本作の感想を)広めてくださいとは言いません。この場を共有できたことに感謝です」と控えめにメッセージすると、それを聞いた大泉は「小池さんはそうおっしゃいますが、ダメですよ、みなさん。あなたたちはただの一般人ではないんだ、仲間です、同志、製作委員会の一員だ。ノルマは1人10人。1人でも多くの人に宣伝していただいて」と政治家風のダミ声混じりの熱弁で、笑いを誘い、最後まで芸達者ぶりを披露していた。

 この日は、水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江、濱田岳、松重豊、成島監督も出席した。(取材・文/岸田智)

映画『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』は全国公開中