「変わる廃墟展2020」が3月6日〜4月5日、東京にて、さらに6月27日〜7月19日、名古屋にて開催される

写真拡大

廃墟が持つイメージを覆す美しさを感じることのできる写真展「変わる廃墟展2020」が、2020年3月6日〜4月5日、「TODAYS GALLERY STUDIO」(東京都浅草橋)にて開催される。さらに、6月27日〜7月19日の間、名古屋ギャラリーでの巡回展の開催も決定。

【画像を見る】「変わる廃墟展2020」が3月6日〜4月5日、東京にて、さらに6月27日〜7月19日、名古屋にて開催される

廃墟と聞いて思い浮かべるイメージは、「朽ち果てたもの」「心霊的な現象」といったものだが、「変わる廃墟展2020」では、廃墟の持つ「美しさ」に注目したもので、今まで廃墟に対して持っていたイメージが180°変わる。一年に一度、新作が公開される本展は、SNSで作品を公開する人気作家の作品が大集結。

今回は、Twitterフォロワー数が1万人を超えるえぬびー( @enuenuenubi )、気軽に廃墟を堪能できるサイトが話題のDepartureが初出展する他、Instagramフォロワー数が3万人を超える啝( @neji_maki_dori )など、全15組のアーティストが参加予定。さらに、会場内の特設ブースでは、toshibo( @104b0 )がドローンで撮影した未公開動画が公開される予定。

会場内では、お土産に最適な会場限定のオリジナルのポストカードや写真集、缶バッジ等のグッズを手に入れることができる他、過去の名作が一冊に詰まった公式書籍が会場限定特典付きで販売される予定。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス/野木原晃一)