BLUE ENCOUNTがTOKYO FMのレギュラー番組に出演。『親子のキズナプロジェクト Supported by 親子のワイモバ学割』 https://www.tfm.co.jp/lock/kizuna/family/で募集しているリスナーの“キズナエピソード”から、先生や友達について書かれたメッセージを紹介し感想を語りました。

(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」内「ブルエンLOCKS! supported by 親子のワイモバ学割」2月14日(金)放送分)



このプロジェクトは、“キミと友達”、“キミと先生”、“キミと親”、“キミとキミの大事なあの人”など、リスナーの周りにある“キズナ”にまつわるエピソードを聞いて、“キズナとは何か”を考えるというもの。BLUE ENCOUNTが8回にわたってお届けし、リスナーの“キズナエピソード”から「キズナソング」制作。その楽曲は、3月22日(日)に千葉・幕張メッセで開催される同番組のイベント『SCHOOL OF LOCK! キズナ感謝祭Supported by 親子のワイモバ学割』 https://www.tfm.co.jp/lock/kizuna/にて初披露されます。

田邊駿一(Vo.Gt.):今夜も、生徒の君の周りにある“キズナ”にまつわるエピソードを聞いて、みんなで“キズナ”とは何なのか考えながら、『キズナ感謝祭Supported by親子のワイモバ学割』で我々BLUE ENCOUNTが初披露する“キズナソング”のタネを見つけていきたいと思います!

◆恩師へ

いつも厳しくて、時にはいなくてもいいのにと思ったこともあったけど、第二のお母さんのように接してくれた。部活でイジメられてたときも初めに気づいてくれて、相談に乗ってくれて、解決まで導いてくれた。ホントに、最後の最後まで支えてくれた。最後の大会、思うような結果じゃなかった。過去の自分を越えられなかった。それでも、その腕で抱きしめてくれて泣かせてくれた。高校ではもっと頑張ります! ホントにホントにホントにホントにありがとうございました。先生は永遠の顧問です。(15歳女性)

田邊:こうやってずっと生徒のことを守ってくれる先生もいるんだなっていうのが、すごく嬉しかった。

辻村勇太(Ba.):嬉しいね〜!

高村佳秀(Dr.):そういう先生に出会えるって、本当に奇跡に近いと思うんだよね。

田邊:やっぱり先生も人間だからどうしても馬が合わないこともあるし、先生が考えていることと生徒が考えていることが合わないときも正直ある。それはしょうがない、人間だから。そういうときは、先生のことを1人の人間だと考えてほしいと思うし、先生も生徒を1人の人間だと思って、大事に考えてくれてるってことも忘れてほしくないな〜と思うよね。高校でもその先生に教えてもらったことを糧にして、さらに部活頑張ってほしいなと思います!

◆友達の大切さ

ブルエン先生こんばんは! 私は4月から10ヵ月間入院していました。いきなりの入院ですごくビックリしたし、中3の思い出が全部無くなって入院生活になってしまう、という悲しさや悔しさつらさでいっぱいでした。でもそんな時、イツメン(いつものメンバー)が私を励ますような動画を撮って送ってくれたり、毎日LINEしてくれたり、授業のノートを送ってくれたり、本当に嬉しかったです。他にも今まであんまり話したことのなかった友達(男子も!)がたくさんLINEしてくれたり、私が入院したことを先生が発表した時に泣いてくれたり、「あ、私ってこんなにたくさんのキズナに囲まれた生活をしてたんだー」と、改めてキズナの存在、ありがたさに気づくことが出来ました。本当に素敵な友達に出会えて幸せです。(15歳女性)

高村:中3の大事な時期に、10ヵ月も入院するってつらいよね。

辻村:入院中って1日がめっちゃ長く感じるからね。僕も高校のときにバイク事故で入院したことがありまして。2ヵ月近く入院してたんだけど、友達が来てくれるのがめちゃくちゃ嬉しくて。そういうときにマンガとか貸してくれたことが、すごい印象に残ってる。ただ友達が帰るときはめちゃくちゃ寂しいのよ。「もう帰っちゃうの? ここ泊まってけば?」みたいな(笑)。でもその分早く治して、みんなのところに戻りたいなって気持ちがすごい強くなって、そこでキズナが深まるというのを感じましたね。

田邊:入院というのは体のことがあるからあれだけど……入院したことによって、確実に学校の授業では習わない“キズナ”というものを勉強できたのかなって。当たり前に学校にいたら、もしかしたら友達とのLINEも普通にしてたのかもしれない。でも入院してたときに友達からもらった優しい言葉で“キズナ”を感じられたってことは、間違いなく“キズナ”の勉強ができたってことだよね。高校に入ってもこのイツメンたちを大事にして、次にこの子たちが傷ついてしまったときには、今回してもらったように温かく接してあげてください。

◆大切なともだち!

私には10年以上のつき合いになる親友がいます。10年の間に何回も喧嘩して、仲直りするのに2年かかったこともありました。それでも今は、彼氏できた! 模試ムリ! 傘壊れた! とか、どうでもいいことばかり喋るくらい仲良しです! 高校が離れても、お互い新しい友達ができても、何ヵ月も会えなくても、私たちは友達です。この距離感は、あの大喧嘩のおかげかな〜と今は思えます(笑)。今思うと、ケンカのたびにキズナが深まったような気がします。そんな友達がいてくれて、幸せでありがたいです。ずっと大切にします! だいすき!(17歳女性)

高村:喧嘩するって大事なことじゃん? オレたちもそうじゃん? 喧嘩するたびにお互いのことがわかったり、もっと仲が深まったりとか、そういうキッカケになるからね。

辻村:あと、どうでもいいこと言う時間って大事だね。先生とか気を使ってる人には、どうでもいいことなんて言えないからね!

田邊:そうだね。確かに喧嘩って大事かもしれない。中3の合唱コンクールのときに、僕と野球部の子がリーダーみたいな感じでやってたんですよ。でも、その子とめちゃくちゃ喧嘩しちゃって……。お互い「優勝したい!」という気持ちがすごいあったんだけど、序盤くらいで口聞かなくなっちゃったの。めちゃくちゃ仲良かったのに。それで、仲悪いままずっと過ぎて、でもお互い頑張りながらパートリーダーやって迎えた当日。その子が隣に来て“ポン”って肩を叩いて、無言で握手を求めてきたの。

江口雄也(Gt.):一番いい青春映画だね(笑)。

辻村:エモ〜!

田邊:で、オレも無言で握手して、その大会はオレらの組が優勝しました!

全員:すごい!

辻村:(その友達も)いろいろ言いたかったけど、ちょっと恥ずかしかったんだろうね。

田邊:いまだにちょっと疲れたときとかに、そういうことを思い出して「もっと頑張ろう!」と思えたりするから、そういう友達って大事なんだよね。

全員:大事!



田邊:今回は、親子以外の“キズナ”にまつわる書き込みを紹介していったけど、知らず知らずの間に大切な人との“キズナ”って勉強しているんだなって思いましたね。

全員:そうだね!

田邊:今回も“キズナソング”に向けて、いいエピソードがもらえたと思います。これからもみんなのエピソードをビシビシ読んでいきたいと思うので、書き込み待ってます!

全員:お願いします!



『SCHOOL OF LOCK! キズナ感謝祭Supported by 親子のワイモバ学割』特設サイト https://www.tfm.co.jp/lock/kizuna/では、入場チケットの先行販売を実施中です。またこの日の放送では、『親子のキズナチケット』として、親子のペアチケットと会場までの交通費を15組30名に無料プレゼントされることが発表されました。なお、すでにチケットを購入していても、当選した場合にはイベント当日に会場でチケット代が返金されるということです。応募、詳細は、当イベントの特設サイトをご確認ください。



----------------------------------------------------

【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】 http://www.tfm.co.jp/link.php?id=7996

聴取期限 2020年2月22日(土)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ http://www.tfm.co.jp/timefree_pr/

※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。

----------------------------------------------------



<番組概要>

番組名:SCHOOL OF LOCK!

パーソナリティ:とーやま校長

放送日時:月〜金曜 22:00〜23:55

番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/