記者がペロリと完食した「イナゴのお茶漬け」は絶品!

写真拡大

 昨年のタピオカミルクティーの流行に続き、2020年はバナナジュースなどがブレイクすると言われているが、ココにきて意外なモノが急激に評価を上げている。

 それが“昆虫食”である。実際に都内をはじめ、各地で昆虫食を扱った店が続々出店しているほか、通販でも昆虫食が人気を集めているという。

◆話題のコオロギスナックは“やめられない、止まらない”?

 そこで、昆虫食をはじめとする世界の食糧事情に詳しい、フードライターの松本克人氏に電話インタビューを慣行した。

「それは世界的にみても当然の流れでしょう。2013年に国連食糧農業機関が肉や魚に代わって“環境に優しく栄養価の高い昆虫”を食糧として推進したのです。世界的な人口増加に伴ってタンパク質が不足する可能性があり、肉や魚などで補っていたタンパク質の摂取を“昆虫”に代えていこうという話ですね。近年、アメリカや北欧を中心に昆虫食がポピュラーになってきていますよ」

 確かに、戦前の日本でもイナゴなどを食べていたというが、ポピュラーになってくるとは言いすぎでは……? とはいっても百聞は一見にしかず――。筆者が実際に店舗に足を運んで、話題の“昆虫食”を実食してみた!

 まずは、「ナチュラルローソン」などでも販売されて、話題になっていた『スーパーコオロギ玄米スナック <ナチュラルソルト>』(MNH、280円)を通販でオーダー。シンプルなパッケージの中から“コオロギが飛び出してくるのでは……”という恐怖に怯えながら、袋を開けてみると、よく見かけるリング状のスナックだった。あれ、思っていたのと違う! 食べてみると、玄米の香ばしさが漂う塩気のきいたシンプルなスナックだ。これは“やめられない、止まらない”味だ。

 前出の松本氏はこう語る。

「同商品はかなり初心者向けですからね。今、コオロギを使った商品やメニューは日本でも数多く開発されていて、そのきっかけになればよいくらいかと。コオロギは栄養価が高く、同重量の牛肉に比べてタンパク質は約2倍、カルシウムやアミノ酸も豊富に含まれています」

◆カルチャーの聖地で6種の“昆虫オードブル”にトライするも……

 これでは、取材のやりがいがない――。そんなワケで、もっと昆虫らしい昆虫を食べるために昨年11月にリニューアルしたばかりの「渋谷PARCO」内にある『米とサーカス 渋谷PARCO店』へ行ってみることに。同店は、昆虫以外も珍しい動物の肉やジビエ料理を扱っているらしい。

 メニューを見ていると泣きそうになってきたが記者のプライドに懸けて、「六種の昆虫食べ比べセット」(1780円)と「イナゴのお茶漬け」(480円)とアルコールをオーダー。すると、やってきたのは、皿にも盛られた昆虫たちではないか……! これはちょっと……。いや、食べるしかない。

 まずは、オケラやハチノコから食べてみることに。オケラはエビなどに近く、ハチノコもナッツのような味わいで非常においしい。昆虫食もなかなかだ。しかし、ゲンゴロウは殻が硬いうえに味も淡白であまりおいしくはなかった。また、羽根を広げてハサミで切って中身を食べるタガメは、風味こそフルーティーだが、ところどころ酸味が強すぎて記者は完食しきれなかった。ちなみに「イナゴのお茶漬け」は、コクがあってペロリと食べ切ることができた。

 松本氏は、系列店舗にはよく行くと言う。

「タガメが口に合いませんでしたか……。私は、洋梨のような風味とトロトロとした食感が大好きですけどね。ぜひ次はオオグソクムシも食べに行ってください」

 感想は人それぞれとして、渋谷のカルチャーの聖地で“昆虫食”がふるまわれているだから、今後、タピオカのようにハヤってもおかしくはないはずだ――。