伊吹有喜さんが著書『雲を紡ぐ』について語る(撮影/黒石あみ)

写真拡大

【著者に訊け】伊吹有喜さん/『雲を紡ぐ』/文藝春秋/1750円

【本の内容】
 高校生の美緒は学校に通えなくなって家に閉じこもるが、英語教師の母、メーカー勤務の父とも心が通じない。東京の家を飛び出して向かったのは、岩手県盛岡市にある、祖父の営むホームスパンの工房だった。羊毛を洗うことから修業を始める美緒を人々は温かく見守る。そこに心配した親がやってくるのだが…。布をめぐり家族が再生していく物語を、『彼方の友へ』が直木賞候補、吉川英治文学新人賞候補になった著者が綴る。

 ふわふわの羊毛から糸を紡いで織るホームスパンという布がある。岩手県盛岡市にあるホームスパンの工房を舞台に、高校生の美緒と家族が絆を取り戻していく物語だ。

「ホームスパンは軽やかでとっても丈夫な布なんです。着れば着るほど体に馴染み、親子、孫の3代で着られるくらい心を配って作られています。時を超える布、いつの時代も愛される布に興味を持ちまして、その染め織りに親子、孫の心模様を重ねてみました」

 伊吹さんの手には何年も愛用しているというホームスパンの真紅のショール。ふんわりとやわらかく、手仕事の温もりが感じられる。

 そんなあたたかな世界がある一方で、家族はギスギスと衝突をくり返す。いじめで高校に通えなくなった美緒は家に閉じこもり、無口な父親とも、激しく非難してくる母親とも心を通わせることができない。

 伊吹さんは美緒と父親の2人の視点から家族を描いていく。美緒から見ると不機嫌で怖い父親は、実は娘を気遣っていた。母親の真紀は英語教師の仕事がうまくいかず、大きなストレスを抱えていた。

「2人の視点を通して、母親の真紀の孤独を鮮烈に描けたらいいなと思いました。真紀は私の世代によく見受けられる頑張り屋さんなんです。男性に甘えないで自立するという意識が強い。ゆえに学校に行けない美緒のやわらかい感性や、自分が押し殺してきた女性性が歯がゆくて、もっと強くならなきゃと言ってしまう」

 伊吹さんはそういう真紀が好きだという。彼女はモンスターではなく、誰の中にも同じものはある。だから真紀の心の動きをていねいに追いかけていった。

 ホームスパンの取材で盛岡を訪れて初めて知ったのは、街に根付くコーヒー文化だった。

「歩いているとコーヒーのいい香りがするんですよ。自家焙煎の喫茶店がいくつもあるんです。地元の人の仕事の息抜きの場は私にとって取材の楽しみになりました。取材で触れた街の魅力がそのまま小説の中に入っています。本を片手にコーヒー屋さんめぐりをしていただけたらうれしいですね」

 名物の「チロル」のチーズケーキを堪能し、「うまいコーヒーの陰にうまい菓子あり」と言う伊吹さん。作中には実在する店が登場し、喫茶店のなごやかな雰囲気が物語をあたたかく彩っている。

◆取材・構成/仲宇佐ゆり

※女性セブン2020年2月27日号