YouTuber江頭2:50 ネットで「生ける伝説」となった理由

写真拡大

 放送禁止芸人のような位置づけだった大川興業所属の江頭2:50が、YouTubeで視聴者に大歓迎されている。初回では、江頭らしく「お尻習字」を披露したにも関わらず、評価の99%が「いいね」だった。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、日本人の個人としては最速でチャンネル登録者数100万人超えを達成した江頭 2:50はなぜYouTubeで超好感度高い芸人となっているのかについて考えた。

【写真】エガちゃんねる

 * * *
 江頭 2:50のYouTubeチャンネル『エガちゃんねる』が好評である。設立から9日目にして、早くも登録100万人に到達。江頭 2:50は日本最速で"一流YouTuber"の仲間入りを果たした。動画の評価も高く、芸歴30年を超える江頭2:50は今旬を迎えている。

 なにより、YouTubeデビューが「持ってる!」と言いたくなる絶妙のタイミングだった。チャンネル開設の2月1日は、謹慎から復帰した雨上がり決死隊の宮迫博之がYouTubeデビューした1月29日の衝撃がまだ続いていた。このような状況になれば、視聴者は2人の芸人の動画をいやでも見比べてしまう。そして、江頭と宮迫の笑いに対する向き合い方の違いに気づく。

 宮迫の動画はアンチに苦言を呈することが多い。切羽詰まった状況ゆえ、一般視聴者にマウントをとるような言動を繰り返す。対して、江頭は「全くネットは観ない!」と語る。スタッフから動画の反響を知らされても「すごいねぇ」と笑うだけ。あまり視聴者の目を気にしていない。「99人に嫌われても1人が笑ったら勝ち」、これが江頭の変わらぬスタンスである。テレビに出始めた頃、そしてYouTubeでブレイクした今もブレていない。

 YouTuber宮迫と時を同じくして登場して比較された結果、江頭は多くの賞賛を集めた。しかし、本来は一般的に賛よりも否を集めてきた芸人である。テレビにおける使われ方の定番は、スタジオに現れるなり暴走し、客席にダイブ。お昼の生放送『笑っていいとも!』にゲスト出演した際、レギュラーの橋田寿賀子に突然キスをしたこともある。当然、女性人気は低く「気持ち悪い」といった低評価を受けていた。

 だが一方で、ネットでの江頭は昔から高評価である。江頭2:50の伝説をまとめた有名なテンプレートがあり、それが口伝えのように広まっていった。テレビで見たことはないが、その伝説だけは知っている人も多い。元来、ネットとの相性は良い芸人であった。

 それを受けてだろう、『エガちゃんねる』の3本目の動画はネット上で噂されている江頭2:50の名言を検証する企画だった。疑わしい数々の名言を聞いた江頭は「ネットの世界ってギャップを楽しんでいると思うんだよね」と分析。破天荒な芸風の江頭 2:50に美しい名言を言わせることにおかしみがある、と話す。

 確かに近年、ネガティブなキャラクター性で売れていたタレントがポジティブキャラに転向することは多い。筆頭が出川哲朗で、女性週刊誌の名物企画「抱かれたい男ランキング」とあわせて実施される「抱かれたくない男」のタイトルホルダーとして人気を集めてきた。「抱かれたくない男」としての人気は今でも不動のようだが、昔と比べた際、好感度は段違い。テレビから垣間見える出川の気づかいに視聴者が反応する時代となった。タレントの「神対応」がしょっちゅうネットニュースになっている。今のタレントは芸と共に人間性も問われている。

 人間性といった部分において、江頭ほど厚みのある芸人は多くない。それを証明するかの如く、『エガちゃんねる』のメッセージ性は強い。1本目の動画の冒頭、彼はカメラに向かってこう叫んだ。

「死にたくなったらコレを見ろ!コレを見たら死ぬのがバカバカしくなるから!」

 江頭は視聴者に苦しいことがあっても「生きろ!」と伝える。普通の人が言えば、鼻で笑われるセリフだ。しかし、かつての人気番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ)で「笑いのためなら死ねる数少ないサムライ芸人」と呼ばれた江頭2:50が言うなら、信用できる。バラエティ番組の「水中息止め企画」で4分13秒間潜り、失神したこともある彼の言葉は重く深い。

 また、多くのタレントを悩ませるアンチが少ないことも江頭の強み。アンチの多くは嫉妬といった感情から生まれる。非難する対象にどこか羨ましさを持つ人がアンチとなる。僕もテレビで楽しそうにしているタレントやYouTuberを観て無責任に「楽に稼いでいいなぁ……」と思うことがある。楽勝にやっているように見せることも芸のうち、と気づかない。能力以上の評価を受けている、と勘違いしてしまう。そして妬み、嫉む感情がわいてきて、昔ならテレビの前で、今ならネットで好き放題な言葉を投げつける。

 だが今、江頭に嫉妬する人はいない。なぜなら、彼は「自分にもできそう」と思わせるようなことを決してしないからだ。1本目の動画では尻に筆を突き刺し、震えながらチャンネル名を書道した。2本目の動画ではペットボトルロケットを股間で止めた。バレンタインデーに更新された動画では、コーヒーチェーンの英語綴りを正確に書くクイズにチャレンジ、ことごとく失敗し、罰ゲームとして口にくわえたシュノーケルから正解できなかったチェーンのコーヒーを注がれ熱さに吹き出していた。

 これらを観て、誰が「楽そうだなぁ」と勘違いできるだろうか……。視聴者は挑み続ける芸人・江頭2:50を尊敬する。そして「いつまでも活躍してほしいし、活動費もカンパしたい」と願い、チャンネル登録ボタンをクリックする。動画のコメントにはたびたび「いつもなら広告スキップするけど、エガちゃんねるの広告は最後まで見る」というサポーター宣言が書き込まれる。

 YouTubeにおけるチャンネル登録とは、無料ファンクラブへの入会みたいなもの。匿名かつ気軽にできる点が魅力だ。周囲に「自分がエガちゃんのファン活動をしている」と知られる心配もない。そして、SNSやコメントでサポートすることに喜びを感じられる。『エガちゃんねる』が爆発的人気を得られた理由の一つとして、周囲の目を気にせず本心をうちあけられるSNSという媒体が関係している。

 今、視聴者は芸人・江頭2:50の代名詞である「レギュラーよりも一回の伝説」をリアルタイムで体験している。ネットで広まっている江頭の伝説は、今の言葉で置き換えると"バズる"といったところか。生で伝説の目撃者となる恍惚は、テレビよりも距離が近いYouTubeでより顕著になった。そして、視聴者も伝説を共に作っている。

 チャンネル登録数100万人達成までのスピードが女優でモデルの本田翼の記録を超えた。『「ぷっ」すま』で長年共演していた草なぎ剛のYouTubeチャンネルと同日にチャンネル登録数100万人達成した。これらは視聴者が参加したことで誕生した新たな江頭伝説である。そして過激な動画ゆえに広告審査に落ちる、これも同様に伝説だ。

 ただし、江頭2:50は高評価のまま終われない天邪鬼な芸人。いつか、自らの手で視聴者を裏切るようなことをしでかすだろう。トルコで過激なパフォーマンスを披露したことにより強制送還され、国際問題になりかけたこともある。日本でもイベント中、アクシデントではあったが全裸になり書類送検された経験を持つ。

 伝説とやらかしを振り子のように行き来する江頭2:50! 今後も予想できない動画を作っていくことだろう。

●ヨシムラヒロム/1986年生まれ、東京出身。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。イラストレーター、コラムニスト、中野区観光大使。五反田のコワーキングスペースpaoで月一回開かれるイベント「微学校」の校長としても活動中。著書に『美大生図鑑』(飛鳥新社)