窪田正孝 (C)モデルプレス

写真拡大

【モデルプレス=2020/02/15】俳優の窪田正孝が15日、映画『初恋』歌舞伎町クリーンイベントに出席。撮影中のエピソードを明かした。

【写真】水川あさみ、夫・窪田正孝との2ショット公開 インスタで結婚祝福に感謝

◆窪田正孝、クリーン活動に参加「小さいことでもやっていくことで、気持ちよくなる」


本作は、天才ボクサーの葛城レオ(窪田)が、まさかのKO負けを機に人生の歯車を狂わせ、やがてアンダーグラウンドの世界で巻き起こる騒動に巻き込まれる様を描く。窪田はこの日、映画のメガホンを取った三池崇史監督、吉住健一新宿区長、そして60名ほどのボランティア清掃スタッフとともに、物語の舞台となった新宿・歌舞伎町の路上でクリーン活動を行った。

その後、取材に応じた窪田は「歌舞伎町の街自体は、すごくきれいでしたけど、こまごましたゴミが残っていて。小さいことでもやっていくことで、気持ちよくなるし、きれいになっていくってすごくいいことだなと思って。少しでも活動に参加できたことがすごく嬉しく思いました」と回想。

その後、掃除好きであることに絡めて「きれいにしたい出来事」を聞かれた窪田は「ケータイの中身はきれいにしたいなあと思いました。高校生の頃から、ずっと変わらずで。連絡先とか交換して、疎遠になっちゃった人とかいるじゃないですか。そのままなんですよ。ずっと全部が」と返答。人間関係をきれいにしていきたいと続け、三池監督に「でも、あんまり友達いないでしょ?」といじられた窪田は「本気でやっちゃうとみんないなくなっちゃうので(笑)、ほどよく」と笑顔で話していた。

◆窪田正孝、撮影中のエピソード明かす「リアルで好きでした」


撮影中の印象的なエピソードに関しては「遠くから撮ってもらっていたんですけど、周りに誰もいないので、それがすごいリアルでしたし『あれ?あいつ見たことあんぞ』みたいに絡んでくる人もいたし、僕は逆にリアルで好きでした」と振り返り「歌舞伎町であんなに大森南朋さんをぶん殴ったことも、僕の中ではすごくいい経験をさせてもらったと思っています」とニッコリ。これを受けた三池監督は「もっとクリーンなこと言ってよ」とつっこんで会場を沸かせた。

◆窪田正孝、歌舞伎町での思い出


また「歌舞伎町で一番の思い出」に話題が及ぶと、窪田は「10年くらい前ですね。コマ劇(場)で三池さん演出の『座頭市』を見て、それがコマ劇の最後の年だったと、先ほどお聞きしたんですけど。哀川翔さんが主役の、あの時に見た舞台は、すごく印象に残っていますね。三池さんの舞台しか、コマ劇に行ったことがなかったので…19歳でしたかね?確か。印象に残っています」と思いを馳せていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】