和歌山の医師ら感染の病院 158人全員の検査実施へ

写真拡大

 新型コロナウイルスの感染の拡大で医師や入院患者から感染者が見つかった和歌山県の病院について、県は医師の同僚らの検査を優先的に行っていますが、その後に病院内の全員を検査することになりました。

 済生会有田病院では、50代の男性外科医と70代の男性患者の2人の感染が確認されています。和歌山県は外科医の濃厚接触者である同僚らのウイルス検査を優先的に実施、今後、さらにこの他の医師と看護師、158人に上る入院患者全員を検査することを決めました。

 病院を訪れた人:「(Q.正常に戻ってもらいたい?)それは大いにありますよ。(感染拡大が)ないようになってほしい。不安ですね」

 15日朝も病院が特別に設けた「接触者外来」や薬の受け取りなどに訪れる人の姿がありました。県は午後、濃厚接触者である医師らの検査結果を発表する予定です。