この前別れたと思っていたらすぐに次の彼氏ができている女性、みなさんの周りにもいませんか?

「可愛いから」というのもあるかもしれませんが、やっぱりモテるコツは「対男性のコミュニケーションの術」。

そこで今回は、そんな彼氏が途切れないモテ女性たちのLINEを覗かせてもらいました。そこには、どんな特徴があるでしょうか?

基本絵文字なしで即レス派

まずひとりめは、化粧品メーカーに勤めるA子さん(29歳)のLINEからご紹介。

男「そういえば、この前貸した映画見た?」20:35
A子「みたよ〜! めっちゃよかった」20:35
男「どこが良かった?」20:36
A子「ガールフレンドが生きてるってわかったときの場面かな。今度会ったら語らせて!笑」20:38

このときA子さんは、仕事から帰宅したお風呂から上がり。スキンケアを終えて、夕食を食べている最中だったようです。

リラックスして、ようやく自分の時間というときであれば「寝る前に返せばいいや」と思ってしまうかもしれません。

でも、見てのとおりA子さんは即レス。

絵文字やスタンプなどは使っておらず、一見味気ない印象かもしれませんが、男性にとって、レスポンスが早いことは、絵文字があるより好意の証拠と感じることも!

A子さんはそこを分かっているようです。

映画の詳しい感想という、時間がかかりそうなことは「また」と言いつつも、ちゃんと即レス。

身に着けておきたいLINE術です。

ハートマークで温度感をリサーチ

お次は、大手ショッピングモールにあるネイルサロンで働いているY子さん(27歳)。

【LINE文1】

男「今日接客中見かけたよ〜!」
Y「え〜! 全然気づかなかった! ヒマそうだったら声かけてね♡」
男「俺もヒマだったらねw」

【LINE文2】

男「いつも思ってるけど、オシャレだよね」
Y「どうしたの笑 突然だね?? でも嬉しい♡」
Y(照れるスタンプ)
男「よし! これから毎日褒めるわ!」
Y「えー!? オシャレサボれないじゃん!?」

嬉しい気持ちや感謝の気持ちを伝えるときに、王道ハートマークを使うY子さん。

こうすることで、相手が自分にどんな気持ちを持っているのかという「温度」をリサーチするのだそう!

ひとり目の男性は、一見気のありそうなセリフですが、ハートマーク後の反応からして、気があるわけではないと判断。

ふたり目の男性は、一見気のないお世辞に見えますが、ハートマークあとはかなりノリノリ。現在、積極的にアプローチ中で、結構いい感じらしいです。

質問ナシ&情報提供を多めに

ラストは、地元の人気洋菓子店でパティシエをしているS子さん(30歳)

【LINE文】

男「俺の仕事って、忙しいときと、そうじゃないときもあってさ〜」
S「バラバラなんだね〜。私はイベントがある時期は忙しいかな」
男「迫るクリスマスとか……」
S「それ(笑)ほんとヤバイよ!」
男「じゃあ、クリスマス終わってからはヒマ?」
S「むしろ25日の夜は早めに返してもらえるよ!」

S子さんのLINE術は、情報提供を多めにすること。

本音では相手の予定を探りたいS子さんですが、いつ空いているかを質問する代わりに、自分の情報を提供しています。

結果、男性はS子さんを誘うという流れに!

この方法は、好きなものや趣味など、手に入れたい相手の情報があるときでも使えそうです。

まずは自分の情報を提供してから、相手の食いつきを探れば、効率的に好意や相性を探れるかもしれません。

おわりに

モテる女子は、とにかく可愛いLINEをしているイメージがあるかもしれません。

しかしそこには、意外な戦術が隠されていることが明らかになりました。

社会人ともなると、時間や体力にも限りがありますから、効率的な恋愛戦術をしかけたいところ。モテ女性のLINEを参考に、自分なりのLINE術を磨いてみては!

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)