マンチェスター・CがCLから2年間の締め出し…指揮官グアルディオラは主力流出を憂慮

写真拡大

マンチェスター・シティが2年間の欧州サッカー連盟(UEFA)主催大会への参加禁止処分を科された。

ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)に関する案件で嫌疑がかけられてきたマンチェスター・Cについて、2012年から2016年にわたって“スポンサーシップ収益の水増し”が発覚。クラブ・ファイナンシャル・コントロール機関(CFCB)の調査を受け、UEFAは14日、マンチェスター・Cに対して20−21シーズンから2年間、UEFA主催大会から締め出すことを発表。さらに3000万ユーロ(約36億円)の罰金処分も科している。

この裁定について、マンチェスター・C指揮官ジョゼップ・グアルディオラは14日金曜日の朝に通達を受け取っていたという。

『ESPN』は「グアルディオラはこの知らせを受けても冷静さをキープしていた。そして一部の主力選手が、UEFAチャンピオンズリーグに出られないことから、退団に踏み切っても致し方ないと理解を示している」と、関係者筋のコメントを紹介した。

クラブ側もこの裁定について「落胆はしたが、驚くべき内容ではない」との見解を示し、今後スポーツ仲裁裁判所に控訴する構えにある模様。

マンチェスター・Cは来季から2年間、CLの舞台から遠ざかることになるのだろうか。ケビン・デ・ブライネ、ラヒーム・スターリングら主力選手が流出する事態に成りかねないだけに、引き続きその動向が注目される。