横浜は、自慢のアタッキング・フットボールでリーグ連覇を狙う。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 いよいよJ1リーグの新シーズンが2月21日に幕を開ける。オリンピックイヤーとなる2020シーズンを制するのはいったいどのチームか。昨年、ガンバ大阪で現役を引退した播戸竜二氏に、今季の順位を予想してもらった。
 
●播戸竜二(元G大阪ほか)
 蓋を開けてみないと分からないというのが率直な感想(笑)。ただ戦い方が明確な王者・横浜は今年も優勝争いの主役を演じるはず。自分にとって古巣のガンバは宮本監督の下でベースを築けており、安定したシーズンを送れそう。的確な補強が光った柏も面白い存在だ。
 
●順位予想
1位:横浜
2位:川崎
3位:FC東京
―▲ACL出場圏内―
4位:鹿島
5位:神戸
6位:G大阪
7位:柏
8位:広島
9位:C大阪
10位:札幌
11位:大分
12位:浦和
13位:清水
14位:名古屋
15位:仙台
−▼J1参入プレーオフ出場圏内−
16位:鳥栖
−▼自動降格圏内―
17位:横浜FC
18位:湘南

※『サッカーダイジェスト』2月27日号(2月13日発売)では、解説者10名、ライター10名、本誌記者によるJ1・J2リーグ順位予想を掲載。その他、J1・J2全40チームのスタメン大予想など、新シーズン開幕へ向けたを特集企画を掲載しています。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部