リヨンのオーアル photo/Getty Images

写真拡大

アーセナルを指揮するミケル・アルテタは今夏にもチーム改革へ着手すると言われているが、現チームの弱点の1つとも言えるのが中盤の得点力だ。

今季のアーセナルは14得点を挙げるFWピエール・エメリク・オバメヤンの得点力に頼り切りとなっており、二桁得点はオバメヤンのみ。リーグ戦で得点を挙げた中盤の選手はルーカス・トレイラ(1点)のみで、メスト・エジルやジョー・ウィロック、マッテオ・グエンドウジ、グラニト・ジャカも無得点となっている。

昨夏にはMFアーロン・ラムジーが退団することになったが、ラムジーは昨季アーセナルでリーグ戦4得点を記録。その前の2017-18シーズンには7得点を決めており、ラムジー退団も中盤の得点力低下に繋がったと言える。

そんなアーセナルに英『HITC』がオススメするのが、リヨンMFホッセム・オーアルだ。以前から天才肌の選手と評価されていた21歳のオーアルは、高い技術を誇る攻撃的MFだ。

今季リーグ戦では2得点3アシストと得点を量産しているわけではないが、チャンピオンズリーグや国内カップ戦でも得点を記録。合計すると今季は8得点6アシストの成績を残している。

同メディアはオーアルがラムジーの後継者になると考えているようで、年齢的にも有効な投資になると獲得をプッシュしている。中盤もアルテタの補強ポイントの1つとなっているようだが、今夏にラムジーの後継者獲りへ動くべきか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/