ソフトバンクの森山良二・一軍コーチ(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

【今とは大違い 俺の新人時代】

ヤクルト池山隆寛氏 夜食用のラーメン当番は若手の仕事

「練習もきつくなかったし、特にしんどいと思ったことはないけど……」

 1986年のドラフト1位で西武に入団したソフトバンク・森山良二一軍コーチ(56)に、ルーキー時代のキャンプについて聞くと、少し考えてからこう言った。

「門限が厳しかったくらいかな」

 新人が一番つらかったのが門限というのも、なかなかスゴい話ではある。

 森山コーチは「俺は大学(北九州大)時代は遊びほうけてたから」と前置きし、西武の寮生時代をこう語る。

「朝7時35分から寮生の散歩があって、8時に朝メシ。そこから練習があって、夕メシは夜の6時。そこからは何もないけど、10時に点呼。これが一日の大体の流れかな。つまり、夕食後に遊びに出ても、夜10時には寮に戻ってないといけない。点呼が終わってから遊びに行ったこともあったけど、朝も早いからね。せいぜい、二軍寮から近い所沢とか新所沢くらいしか遊びに行けないんだよ」

■キャンプ直前に門限破り

 門限破りがバレたこともあった。

「1年目のキャンプ前、キャンプに出発するのが1月31日だから、30日だな。そりゃ怒られたよ。当時からベテランだった石毛(宏典)さんだろ、森(繁和)さんだろ、東尾(修)さんだろ。あの人たちにものすごく怒られてさ。『うわ、とんでもないところに来ちゃったよ』って思ったよ」