ワンダーリーデル

写真拡大

 「フェブラリーS・G1」(23日、東京)

ワンダーリーデルは栗東坂路で14日、4F54秒7−39秒6−12秒6をマーク。単走で軽快な動きを披露した。

 安田翔師は「指示通りです。来週は気持ちを高めるためにもう少しやりたい。そのために、この時計にとどめました」と意図を説明した。最終追いでしっかりと仕上げて、本番へ挑む構えだ。