リング上でポーズを決める福永亮次=後楽園ホール

写真拡大

 「ボクシング・WBOアジアパシフィック・スーパフライ級タイトルマッチ」(14日、後楽園ホール)

 挑戦者で同級4位の福永亮次(33)=角海老宝石=が王者フローイラン・サルダール(30)=フィリピン=を7回TKOで破って新王者となった。

 木村翔(花形)の世界王座に挑戦し、井上拓真(大橋)をダウンさせた経験もある強打の王者に対し、福永は足を使って攻めたが、右目を腫らすなど序盤は劣勢。「パンチはあるけどガードを固めたら行けると思った」と、5回からはガードを固めて前に出てボディーを攻める戦法でチャンスをつかむ。そして7回に連打でダウンを奪い、さらにコーナーに追い詰めて棒立ちとなった王者に長時間の連打を浴びせてストップを呼んだ。

 エディタウンゼントジムから宮田ジムを経て、角海老宝石ジム移籍2戦目。番狂わせといえる勝利でのタイトル初奪取を、「途中でボクシングやったら倒せへんと思ったんで、木村翔選手がやったみたいにやった」と振り返った福永。世界ランク入りも濃厚となったが、「レベルが低すぎる。もっと練習せんと」と苦笑した。