年齢を重ねるにつれてモテる女性とモテなくなってくる女性の違い

写真拡大

若い頃は大勢の男性のモテていたのに、いつしか歳を重ねて急にモテなくなってきた女性もいます。年齢を重ねてもモテる女性もいますが、どんどんモテなくなる女性もいます。両者にはどんな違いがあるのでしょうか? 共通する具体的な特徴から、なぜモテなくなったのかを見ていきましょう。

目次

若い時はモテたのに!


若い頃は大勢の男達がこぞってアプローチをしてきて、男を探すのに困ったことはなかったはずなのに、歳を重ねるにつれてモテなくなってくる女性も多いようです。なぜ若いときにはモテていたのに、徐々にモテなくなったのでしょうか?

年を重ねたらモテなくなった人の特徴


なぜ年齢を重ねたらモテなくなったのでしょうか?

(1)若い時はただ可愛いだけだった


若さあふれる10代や20代は肌もきれいで、にこりと笑うだけで男が押し寄せてきた人もいるでしょう。こういった女性の最大の魅力は、若さです。近寄ってくる男性は若さのエネルギーに引き寄せられていたのです。
しかし歳を重ねると若さがなくなって、他に魅力が見つからない平凡な人になってしまうこともあります。若さはそれほど大きな武器であったということです。

(2)内面を磨いてこなかった


若さに甘んじて、内面を磨いてこなかった人は歳を重ねるとモテなくなります。内面を磨くというのは、自分の視野を広げ、様々な価値観があるということを知り、他人や自分の失敗を認められるようになり、自分が本当に好きなものを追求したり、好きな人を愛するということを学ぶことでもあります。
若い女性というだけでチヤホヤされてきた女性の中には、自分をもっと高めようと努力しない人もいます。若い時は若さを武器に戦っていてもよかったのですが、歳を重ねて若さがなくなると、自分の手元には何も残らないことになってしまいます。

(3)過去の栄光を引きずっている


過去にモテていた女性は、その時の記憶が忘れられません。もうモテていないのにモテているような行動や仕草をして、周りを引かせてしまっているかもしれません。若い頃はモテ自慢をすれば「やっぱり〇〇ちゃんはモテるからなぁ」と更にチヤホヤされていたのに、歳を重ねると過去の栄光を引きずった痛い女性になってしまっている可能性があります。

(4)男性を見る目が肥えている


過去にモテた経験があると、多くの男性からより良い男性を選んでいたため、男性を見る目が肥えています。周りがうらやむような男性と付き合っていたこともあるでしょう。しかし男性への理想ばかりが高くなっても、歳を重ねた女性側が今までよりもモテなくなっていると選ばれる可能性も低くなります。
モテなくなっている事実を受け止めれば、選ぶ男性も変わってくるかもしれません。

モテなくなった事実から原因を解明しよう


歳を重ねて徐々にモテなくなったのは、なぜなのか自己分析をしていくことで原因が明らかになります。過去にモテていたことに奢らずに、今からでもモテる努力をしてみてはいかがでしょうか。いつ始めても遅すぎるということはありません。
(番長みるく/ライター)