今年のアカデミー賞で4冠に輝いた『パラサイト 半地下の家族』。なかでも、非英語圏の映画としては史上初めて作品賞を受賞したことで、「アカデミー賞の歴史が動いた」と大きな話題になっている。

【画像】アカデミー賞4冠! 『パラサイト』の写真を見る(全4枚)

 それでは、外国語映画に作品賞を明け渡す形になった英語圏のメディアは、『パラサイト』の快挙をどのように報じたのだろうか。それぞれの反応を見てみよう。

昨年の“番狂わせ”が『パラサイト』の快挙に繋がった?

 まず明らかなのは、どのメディアも『パラサイト』の受賞に対して惜しみない称賛を送っているということだ。たとえばアメリカのロサンゼルス・タイムズ紙は「アカデミー賞史上、珍しいことが起こった。それは作品賞に、真に受賞すべき映画が選出されたことである」と述べ、歴史的快挙を祝った。

 また、イギリスBBCも「外国語映画として初めてアカデミー賞作品賞を受賞した『パラサイト』は歴史に名を残した」と報じている。


『パラサイト』のポン・ジュノ監督 ©getty

 一方で、よく目についたのは、昨年のアカデミー賞での“番狂わせ”が、今回の『パラサイト』の作品賞受賞に繋がったのではないか、との論調だ。2019年の第91回アカデミー賞では、アルフォンソ・キュアロン監督の『ROMA/ローマ』(スペイン語のメキシコ映画)が最有力候補と見られていたが、結局作品賞を受賞したのはアメリカ映画『グリーンブック』だった。

アカデミー賞の変化を指摘する声も

 アメリカの経済メディアQuartz(クオーツ)は、「『パラサイト』の作品賞受賞はアカデミー賞にとって素晴らしい出来事である。特に昨年、秀作『ROMA/ローマ』を抑え、駄作とされたハリウッド映画『グリーンブック』が受賞した経緯を鑑みればなおさらだ」とし、「今回の受賞者を見ると、多様性が確保されたとは言い難いが、少なくとも『パラサイト』の受賞からは、ハリウッド以外の映画を認めようとするアカデミーの意思をくみ取ることができる」と、その変化に言及した。

 また、イギリスのガーディアン紙も同様に、昨年のアカデミー賞について「閉鎖的で、特に人種平等や男女平等について遅れているとの批判が集中した。(※『パラサイト』の受賞は)こうした批判に対して、アカデミー賞の審査員らがNOを突き付けた結果ともいえよう」と報じている。

「単に良い作品だったから受賞できたと考えるのは間違っている」

 アイルランドのアイリッシュ・タイムズ紙は「フランスやドイツ、日本、ロシアなどといった国からではなく、韓国から受賞作品が出た」ことに注目しながらも、「単に良い作品だったから受賞できたと考えるのは間違っている」と論じている。

「おそらく『パラサイト』が受賞できたのには、Neon(※北米の配給会社)が作品を世に送り出したこと、リリースのタイミングをきちんと図ったこと、口コミを上手く利用したこと、監督そのものにカリスマ性があったこと、およびその通訳者のシャロン・チョイが注目を集めたことなど、その全てが関与している」と、同作の巧みなPR戦略にも目を向けるべきだとしている。

韓国映画のレベルを底上げした“サムスンの令嬢”

 同紙は「なぜ韓国映画が台頭してきているのか」と問いかけながらも、そこに明確な答えを出すことができていない。他方で、アメリカのフォーリン・ポリシー誌は「サムスンの令嬢は『パラサイト』をいかにして勝利に導いたか」と題する記事を掲載し、今回の受賞は「サムスンという強大な組織力、そしてその中にいる女性の力なくしては成し得なかった」と報じている。同誌が注目する「女性」とは、サムスングループの令嬢であるミキー・リー氏だ。

 韓国国内での『パラサイト』の配給会社はCJエンタテイメントだが、同社は韓国の財閥「CJグループ」に属している。CJグループは、そもそもサムスングループの創業者であるイ・ビョンチョル氏によって築かれた企業グループであり、現在は彼の孫に当たるミキー・リー氏が副会長を務めている。そして彼女こそ、本作『パラサイト』のチーフ・プロデューサーなのだ。

 同誌はミキー・リー氏を、「韓国映画を今ある場所まで引っ張ってきた人物」と評する。サムスンのビジネス多様化のため、カリフォルニアに送られたミキー・リー氏は、1995年にアメリカの映画製作会社ドリームワークスへ3億ドルを投資し、それと引き換えに「アジアにおけるドリームワークスの頒布権および韓国の映画制作に携わる人間がドリームワークスで研修を受ける権利」を獲得した。これこそが「現在の韓国映画界の強さの根底にある」のだという。

この15年間で韓国映画の市場規模は4倍以上に

 その後、紆余曲折を経ながらも、「能力のある監督を可能な限り自由にさせ、フルサポートする」というシステムを確立したことで、CJエンタテイメントは成功を収め、ついにはアカデミー賞作品賞の受賞にまで辿り着いた……と同誌は分析する。また、「2019年、韓国の映画界は16・1億ドルを稼いだ。これは2004年の3・7億ドルと比べて、大きな成長」であるとも指摘している。

 2015年の第88回アカデミー賞は、俳優部門にノミネートされた20人全員が白人だったことから、「#OscarsSoWhite」(白すぎるオスカー)との批判を受けた。今回の『パラサイト』の受賞は、そうした「多様性問題」からの変化の象徴とも捉えられているが、まだまだ問題点は残されていると指摘するメディアも少なくない。

22万ドルを超える“お土産”

 イギリスのガーディアン紙はロイター通信の報道を引用しながら、「受賞者候補20名以上に配布された『お土産』のバッグには22万5000ドル以上の価値があった。これは史上最高額で、7万8000ドルの12日間のヨット・クルーズ、2万ドルのエステなど、中身は80点に上る」と批判。さらには『パラサイト』の制作チームに対しても、こんな指摘をしていた。

「彼らはアカデミー賞の授賞式が終わると、ソーホーハウスでのプライベート・パーティーに参加した。会員制クラブでの、自分たちだけのパーティーというのは、『パラサイト』のテーマを考えると、ある意味皮肉なものだ」

『パラサイト』の快挙はアカデミー賞の着実な変化とともに、それでも根深く残り続ける“伝統”をも浮き彫りにしたのかもしれない。

(近藤 奈香)