川崎の鬼木監督は就任4年目のシーズンを迎える。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大

 いよいよJ1リーグの新シーズンが2月21日に幕を開ける。オリンピックイヤーとなる2020シーズンを制するのはいったいどのチームか。監督として東京VをJリーグ初代王者に導き、解説者としても活躍する松木安太郎氏に、今季の順位を予想してもらった。
 
●松木安太郎(元川崎V監督ほか)
 人材が豊富で、鬼木体制4年目と積み上げもある川崎は安定感が抜群。天皇杯で優勝した神戸と昨年王者の横浜は自信を勢いにつなげていけるかがポイントに。勢いという点では、昨季終盤に驚異の追い上げを見せた横浜FCにも注目。健闘すればリーグは面白くなる。
 
●順位予想
1位:川崎
2位:鹿島
3位:FC東京
―▲ACL出場圏内―
4位:神戸
5位:横浜
6位:浦和
7位:G大阪
8位:札幌
9位:名古屋
10位:広島
11位:柏
12位:C大阪
13位:大分
14位:清水
15位:仙台
−▼J1参入プレーオフ出場圏内−
16位:横浜FC
−▼自動降格圏内―
17位:湘南
18位:鳥栖

※『サッカーダイジェスト』2月27日号(2月13日発売)では、解説者10名、ライター10名、本誌記者によるJ1・J2リーグ順位予想を掲載。その他、J1・J2全40チームのスタメン大予想など、新シーズン開幕へ向けたを特集企画を掲載しています。